【讃岐 vs 北九州】 ウォーミングアップコラム:J2昇格までノンストップ。池谷友喜は走り続ける

2019年5月18日(土)


決まったー!! 絶叫に包まれるスタジアム、誰もが待ち望んだゴール、何より池谷友喜(写真)本人がそうだっただろう。胸を張って走り出した身長163cmの小柄な池谷が限りなく大きく見えた、そのシーン。

Q:Jリーグ初ゴール、しかもゴラッソ。しかも決勝点になりました。このゴールについて、今思うことを全て教えてください。
A:1点目のFKを取った時も、DFが弾いたところを奪った形だったので、クロスが入って森川選手がDFと競った時『チャンスになるな』と個人的に感じていました。なのでボールが良い所にこぼれてきてトラップした後は、自然と身体が振り抜いていました。開幕からチャンスがありながら、なかなか得点が取れず、自分の中で『早く決めたい』という思いがありました。首位の藤枝相手の大事な試合でしたし、讃岐に来たのも上村健一監督の誘いがあったというか、高校時代から面倒を見ていただき、お世話になっていて、ずっと起用してもらっている身でもあったので、早く結果を出して、感謝の思いというか、恩返しが出来ればと考えていたので、ゴールが決まって本当に良かったです。でも、まだ何も終わったわけではないですし、これを機に、どんどんゴールを決めて、目標のJ2昇格へ、多くの人を喜ばせれたら良いなと思います。

Q:首位決戦、北九州戦に向けての意気込みと、ファン・サポーターに一言お願いします。
A:前節も首位の藤枝戦に勝つ事が出来て、今節は勝点が並ぶ首位決戦という事で、勝てば正真正銘の首位に立てるという試合なので、厳しい試合になると思いますが、ホームなので必ず勝って、サポーターの皆さんと勝利を分かち合って喜びたいです。応援よろしくお願いします!

少し高めの声で堰を切ったように淀みなく話す池谷選手、オフの日にはプールで体を動かしカフェで読書をしたりと、讃岐時間を自分のものにしてまったりと過ごしているという。讃岐の至上命令は1年でのJ2復帰。池谷友喜の走りが、讃岐をJ2までノンストップで連れていく予感がする。今節もその豊富な運動量に期待したい。

文:大森一<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J3リーグ 第9節
5月19日(日)13:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs ギラヴァンツ北九州
Pikaraスタジアム(カマタマーレ讃岐)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.1)
アクセス (2.7)
イベント充実 (2.9)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.4)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報