【岡山 vs 琉球】 ウォーミングアップコラム:福元友哉、自らに課すのはペナルティエリア付近での仕事。

2019年5月18日(土)


福元友哉(写真)の今シーズンの初先発は前節・京都戦だった。反省点の多い試合だったと振り返る。「前からプレスに行けず、そこでチームがリズムに乗れなかった部分はあると思う」。それでも前半の途中から、流れの悪さを割り切って、裏に抜ける回数を増やしたことで、全体のリズムも生まれ始めていた。

ルーキーイヤーの昨年は、10試合に出場。今年はこれまで5試合に出場している。「自分たちの守備は、高い位置でボールを奪うことが持ち味だと思うので、出来る限りどのチームに対してもやっていきたい。でも分析もされるし、すべての相手に対してプレスに行けるわけじゃない。だから、どうやり方を変えていくかを、早く見きわめていく必要があると思いました」と言う。

有馬賢二監督は、福元を「もともと、推進力のある選手」と評する。「ただ、あの試合では、後ろから『行っていいぞ』という声が出始めて、行けた」。現在のチームは怪我人が多く、周囲のメンバーも入れ替わりが頻繁だ。そういった声があるからこそ、ゲームの中での修正が可能になる。「彼らにとって今は、『経験』という引き出しを作っている段階でもある。簡単なことではないけど、前の試合より成長しているし、次には出来ることがもっと増えるはず」

福元が右肩を脱臼しながら、それでもプレーを続けようとした場面が忘れられない。4月3日のアウェイ・大宮戦では61分に投入され、ゲーム終了間際に、そのアクシデントが起こった。「リードされていて、残り時間も、交代枠もなかったので、ここで抜けたら良くないのかなと思って、やったんですけど、あとで皆から、あれは抜けた方が良いよ、って言われました」。試合後すぐロッカールームで処置をしてもらい、予定よりも早く、約2週間後にはトレーニングに復帰した。

何事にも真面目に、黙々と取り組む印象だ。現在の課題は、シュートを意識的に増やすこと。ペナルティエリア付近での仕事を、自身に課している。

文:尾原千明(岡山担当)


明治安田生命J2リーグ 第14節
5月19日(日)17:00KO Cスタ
ファジアーノ岡山 vs FC琉球
シティライトスタジアム(ファジアーノ岡山)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.2)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.7)