J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【湘南 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:普段の練習でやっていることを――富居大樹

2019年5月21日(火)


札幌戦には苦い記憶がある。今季J1開幕戦こそ2-0で勝利したものの、YBCルヴァンカップでは1-4と大敗した。立ち上がりは決して悪くなかったが、先制を許すとその後も立て続けに失点し、前半だけで0-3と畳みかけられた。

「自分が不甲斐なかった」GK富居大樹(写真)は振り返る。昨季は負傷離脱もあり、グループステージ第1節と第6節の2試合の出場にとどまったが、今季は初戦から全5試合にフル出場している。勝負への自覚と責任感は言うまでもない。

背番号1を纏う秋元陽太の背中を見つめ、チームを勝たせるGKになりたいとつねづね口にする。そしてその志は、トレーニングや練習試合など日々の姿勢に昇華されている。

「曺さん(曺貴裁監督)も日頃から言ってるように練習がすべて。試合に出ても出なくてもトレーニングから集中し、練習試合でも絶対勝つんだという気持ちを出していく。うちはそれができるチーム。僕自身、チームを勝たせるプレーや助けるプレーを最近強く思います」

昨季湘南に加入する以前より秋元のプレーを見、一緒にやりたいと思っていたという。ポジションを争うライバルながら、自身と同じサイズで決定機を幾度も阻む先輩をリスペクトしてやまない。

そのうえで、富居はこんなふうに語る。

「陽太さんに万が一アクシデントがあっても、僕がいるから大丈夫と周りに思わせたいし、そうならないと陽太さんを脅かすこともできない。ルヴァンカップに出させてもらっているなかで、僕はそういうところを示さなければいけないと思っている」

くだんの札幌戦のあと、湘南は横浜FMには惜敗したものの、続く長崎戦に勝利して望みを繋げた。今節勝てばプレーオフステージ進出を射止め、引き分け以下なら敗退が決まる。初優勝を掴み取った昨季と同様の展開だ。

「上に進出したという目に見える結果が欲しい」富居は言う。

「勝てば次を掴めるので、なにがなんでも勝ちたい。でも、勝ちたい、勝たせたいと気負い過ぎてしまうのもよくない。だから普段の練習でやっていることを出せればと思います」

練習は裏切らない。粛々と向き合う日々を余さず傾け、全員で取りにいく。

文:隈元大吾(湘南担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第6節
5月22日(水)19:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs 北海道コンサドーレ札幌
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.9)
  一覧  

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報