【清水 vs 仙台】 ウォーミングアップコラム:篠田新体制でより持ち味が生きる金子翔太。ホームでの大勝負で表現したい“アツさ”とは

2019年5月24日(金)


先週、ヤン ヨンソン監督から篠田善之監督に指揮官が交代し、前節・大分戦が引き分けに終わったことで、ついに最下位に落ちてしまった清水エスパルス。だが、今週水曜日のルヴァンカップ・磐田戦では若手の活躍もあって新体制での初勝利を挙げ、今節の仙台戦に向けても、チーム全体が不思議なほど前向きな雰囲気になっている。

その理由のひとつには、篠田監督のやろうとしていることが非常に明確で、大分戦でも磐田戦でもそれをやり抜けば自ずと結果につながるという手応えを得られていることが挙げられる。就任当初から「甘えは許さない」と語っている熱血指揮官は、練習の強度を上げてハードワーク、切り換え、球際といった戦いのベースとなる部分を厳しく要求。そのうえで、相手の特徴を詳しく分析し、そこへの対応もこれまで以上に細かく指示している。
 
それに対して選手たちも「自分たちで変えていかなければいけないという責任感は1人1人がすごく自覚しています」(松原后)と本当に前向きに取り組んでいることが、良い雰囲気やチームの一体感につながっている。

中でも、篠田監督の下で今まで以上に大きなやりがいを実感しているのが、右MFの金子翔太(写真)だ。

「篠田さんは本当に熱量がすごくて、今まで自分たちが甘かった部分、ぬるかった部分、緩かった部分というのを明確にして、年齢に関係なく誰に対しても厳しいことを言ってくれるので、チーム内の厳しさや規律というのがより出てきているとと思います。ミーティングでも『走れない奴、ハードワークしない奴、切り換えが遅い奴は使わない』ときっぱり言うので、全員がやらなきゃと思うし、競争も厳しくなっているし、それが試合でも表われていると思います」(金子)
 
篠田監督が求めることは、金子にとっては元々彼自身が持っている長所と一致するので、「本当にやりやすいです」と練習でも試合でも生き生きと躍動し続けている。

だからこそ、新体制で初めてのホームゲームとなる仙台戦でも、プレッシャーよりも前向きなやりがいのほうが圧倒的に強い。

「攻守にハードワークするという部分は今までもテーマにしていましたが、より裏に走ったり、より切り換えを速くしたりとか具体的なことを篠田さんはよく言います。それと、対戦相手に応じて守備も攻撃も狙うところをわかりやすく伝えてくれるので、僕らはそういう部分にチャレンジして、90分間出し続けるだけです」(金子)

良い守備から良い攻撃へというコンセプトは以前と変わらないが、守備でも攻撃でもどこを狙い、どう仕掛けるかという部分がより明確になっている。自分たちからアクションを起こしてボールを奪う場面も増えている。そのうえで金子自身は、チームの規律や戦術にプラスαする部分を自分に課している。

「ゴールを取る作業、取らせる作業というのを、もっともっと増やしていきたいです。今年は自分でもそこが足りていないと思いますし、篠田さんも練習から『もっと自分で行っていいよ』とか『カネ、なんでシュートを打たないんだ。自信を持って打て』と言ってくれるので、その期待にも応えたいですね」(金子)

以前から良い意味で欲張りな選手だが、今の金子ならその欲張りな部分が良い方向に作用するはずだ。キックオフの14時には30度近い気温になるという天気予報が出ているが、暑さに負けない体力もある。もちろん金子だけでなく、清水の全員が同じ意識、同じ熱量で試合に臨むだろう。
 
さまざまな意味で非常にアツい試合になることは間違いない。それを楽しみにしながら、暑さ対策をしっかりと整えてアイスタに出かけてほしい。

文:前島芳雄(清水担当)


明治安田生命J1リーグ 第13節
5月25日(土)14:00KO アイスタ
清水エスパルス vs ベガルタ仙台
IAIスタジアム日本平(清水エスパルス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.7)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.6)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.9)

移籍情報