【C大阪 vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:攻守に渡る献身性、さらに、“声”でも貢献する水沼宏太。「FC東京にリーグ戦初黒星を付けるチャンス」と打倒首位を誓う

2019年5月24日(金)


明治安田J1第13節。4勝2分6敗で11位のC大阪が、9勝3分で首位を走るFC東京をホームに迎え撃つ。

“ストップ・ザ・首位”。攻守に隙がない現在のFC東京を倒すのは容易ではないが、ホームで意地を見せたいC大阪としては、その1点で、チームはまとまっている。相性という点でも悪くない。J1に復帰した17年から2年間、C大阪はFC東京にリーグ戦で4戦全勝中だ。

中でも古巣戦に強さを見せるのが水沼宏太(写真)。今節に向けても、FC東京の状態の良さは認めつつ、「自分たちもだんだんと良くなっている。今季、初めてFC東京にリーグ戦での黒星を付けるチャンス」と意気込む。大事なことは、“組織”として戦うこと。「みんなが共通意識を持ってピッチで表現することが勝利への一番の近道。チーム全体として戦って勝ちにいくことが大事になる」。

最近、試合後の彼の声は、いつも枯れている。その点について尋ねると、「試合では大きな声を出さないと届かない。結果、こうなります」と苦笑しつつ、「声を掛け合うことは大事。頭も体も集中力が高まる。自分としても、リズムを作りやすい」と試合中におけるコミュニケーションの重要性を語る。

FC東京にリーグ戦初黒星を付けたい今節。互いに失点数は少なく、中央の守備は固い。必然的に、サイドでの攻防がこの試合の見どころの一つとなり、キーマンの一人となる水沼宏太の攻守に渡る献身性、そして、“声”による貢献が、C大阪が勝利を掴むためのカギを握る。

文:小田尚史(C大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第13節
5月25日(土)15:00KO ヤンマー
セレッソ大阪 vs FC東京
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.7)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.5)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報