J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【大分 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:「憲剛さん、見ててください俺のアシストを!」by高木駿

2019年5月25日(土)


多くの選手に経験を積ませることと並行して勝ちを求めたYBCルヴァンカップだったが、グループステージ敗退が決まった。片野坂知宏監督は、「グループリーグを突破できなかった現実を受け止め、練習から課題を改善したい」と気持ちを切り替え、リーグ戦に集中することを誓った。選手も各々、今節の川崎F戦に向けて気持ちを高めているなか、リーグ連覇中の強豪チームに並々ならぬ闘志を燃やしているのがGK高木駿(写真)だった。

「フロンターレは一番対戦したかったチーム」と高木。プロとしてキャリアをスタートした古巣への思いは強く、「J1で頑張っている姿を見せたい。お世話になった(中村)憲剛さんや(小林)悠さん、(大島)僚太ら日本代表経験者が揃うチームに、どれだけ通用するか真剣勝負したい」と気持ちは昂ぶるばかり。

大分に加入して3年目。1年目はフィードと試合を組み立てる片野坂サッカーに戸惑い4試合に出場に留まったが、昨季は全試合に先発フル出場し、「コート全体が見えるようになった」。自陣で味方と短いパス交換を織り交ぜ相手を誘い出し、得意のフィードで相手DFの背後を突く。パサーならいざ知らず、相手を喰いつかせつつ慌てずパスを回せるGKはJ1でもそうそういない。鹿島との開幕戦ではゴールマウスから60㍍級のロングフィードをDFの裏へ抜けたFW藤本憲明に合わせ、アシストも生まれかねなかった。「イメージは憲剛さん。ピッチを俯瞰し、今季はアシストを決めたい」。GKがアシストできればチームの攻撃の幅も広がると楽しんでいる。

さらに今季は1試合に幾度と神がかり的なスーパーセーブで、チームの失点数を大幅に減らしている。「レベルアップしているのを感じる。体が動くし、頭も整理されているのでボールがよく見える」と好調の要因を挙げるも、「チーム全体で守備意識が高く、ノリ(鈴木義宜)が中心となって指示を出してくれるので自分のプレーに集中できる」と仲間のサポートに感謝する。

攻撃サッカーを標榜する大分にとって、川崎Fは格上の先輩である。この試合で自分たちのスタイルを貫くことができれば大きな自信となる。高木は「今後を占う試金石となる」と話し。今季待望のアシストを川崎F戦で決める!

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J1リーグ 第13節
5月26日(日)16:00KO 昭和電ド
大分トリニータ vs 川崎フロンターレ
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.6)
  一覧  

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報