【京都 vs 山口】 ウォーミングアップコラム:ただいま3試合連続得点中!仙頭啓矢は結果にこだわり競争を勝ち抜く

2019年5月24日(金)


仙頭啓矢(写真)が3試合連続得点中と好調だ。12節・横浜FC戦では、後半立ち上がりにFKのこぼれ球を左足で豪快に蹴りこんで決勝点を記録。続く13節・岡山戦では試合終了間際にゴール前のチャンスを決めて、こちらも決勝点でチームを勝利へ導いた。14節・町田戦では1点ビハインドの状況で、カウンターから相手DFラインの背後へ抜け出したチャンスを決めて、チームに勝点1をもたらしている。

技術やセンスに優れており、攻撃や決定機を“作る”選手というイメージがあるかもしれないが、京都橘高校時代は現在もチームメイトとして共闘する小屋松知哉との2トップで高い得点力を見せるなど“決める”選手でもあった。高校3年の冬の全国選手権では得点王にも輝いている。得点への意欲やネットを揺らす喜びは多くのサッカー選手がそうであるように仙頭自身も持ち合わせているのだが、それとは別に現在彼が置かれている状況においてもゴールは必要だ。

今季、京都では中盤とサイドの二つのポジションで起用されてきたが、どちらもスタメン争いが熾烈だ。序盤戦は中盤のセンターで開幕戦からプレーを続けるも、システム変更により中盤の定数が一人減ったとき、ベンチに追いやられたのは重廣卓也ではなく仙頭だった。現在は右サイドで4試合連続先発中だが、ライバルも多い。継続したアピールのために、ゴールやアシストという目に見える結果を意識するのは当然だろう。

結果を出すことで「点が取れていることで自信が付くし、それによって打つべきところで打つこと、シュートに対してミスを恐れずにやれている」という好影響もあるようだ。例えば岡山戦のゴール。エリア内でパスを受けたとき、早いタイミングで打つという選択肢もあった。だが相手GKやDFの状況などの状況を見て、相手DFが足を出してきた股下をとおすシュートでGKの反応を遅らせてネットを揺らしてみせた。町田戦のゴールもそうだ。相手の最終ラインの背後に抜け出すことに成功するも、DF酒井隆介の俊足をいかしたカバーリングで追いつかれそうになる。ゴールから少し離れていくようなコースにドリブルさせられ、ゴールまでの距離もまだ遠かったが、GKのポジションが悪いことを見逃さずにシュートを選択。威力は強くなかったが、GKが対応しきれないところを突いたことでボールはネットへと吸い込まれていった。いずれも状況察知と決断力が光ったゴールと言える。

現在の京都は1トップを採用しており、FWだけでなくMFの選手が得点機会に顔を出す事がより求められる。「最後のポイントであわせるために、ゴール前への入っていき方やボールを受ける位置が大切になる」と仙頭自身も意識している。

そこでの決定力の有無が自信の評価対象となり、チームの順位にも影響してくるだろう。同時に「守備をしてから攻撃へ出る。ゲームの中で持ち味を出す場所とタイミングも良くなっている。例えばボールを持ちすぎることはかなり減ってきた」(中田一三監督)と指揮官が評価する部分も継続していきたい。プロ3年目を迎えて充実の時期を迎える仙頭、さらなる飛躍が期待される。

文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月25日(土)14:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs レノファ山口FC
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.2)
臨場感 (2.5)
アクセス (4.1)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (2.6)