【甲府 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:ピーター ウタカのゴールが勝利に繋がれば甲府はプラスαの完全復活を果たす

2019年5月24日(金)


第11節から第13節まで続いた“試合内容はいいのに決め切れず”という1分2敗の流れを断ち切った前節の福岡戦(3-0○)。“決め切れず”という責任を最も負っていたのがピーター ウタカ(写真)。彼に対する批判もある中で、ウタカの発案で選手ミーティングを行い、お互いに意見をぶつけあった。そして、言った以上は自分にも責任が生じるという自覚がチームの迫力や質を高めることになった。それまでも、オーガナイズはできていたので悪い試合内容ではなかったが、攻守の切り替えやゴール前の攻防で甘さが出た場面があった。

そして、福岡戦ではウタカは3ゴール全てに関わるパフォーマンスを見せた。ただ、オフサイドになったが決定機でシュートがポストに当たるなど、ウタカ自身は「満足」と言いつつもゴールがないことで完全燃焼とはいえなかった。第8節の町田戦(1-1△)以降は6試合ノーゴールのウタカ。福岡戦で2ゴールを決めたドゥドゥは「我々のサッカーは生き返った」と話したが、ウタカが決めてこその完全復活でもある。監督交代で新たなモチベーションを得た横浜FC相手にウタカはゴール決められるか。

「チームが悪い状況でもサポートしてくれるファン・サポーターに感謝している。お返しに勝利で喜んでもらえるように頑張りたい。そして、チームがJ1復帰できるように貢献したい」というウタカは常にチームのことを考えて行動する。そのウタカにゴールが生まれることでチームはプラスαの完全復活を果たしたことになる。シャドーの曽根田穣とドゥドゥが好調の中、あとはウタカがゴールを決めるだけ。前線の3枚は守備で重要なタスクがあるので、攻撃だけという訳にはいかないが両者のバランスを取りつつゴールを決めてほしい。

文:マツオジュン(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月25日(土)16:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜FC
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.1)