J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【神戸 vs 湘南】 ウォーミングアップコラム:湘南戦は「どんな形でも勝ちたい」。小川慶治朗の恩返し宣言。

2019年5月25日(土)


昨季途中に湘南へ期限付き移籍した小川慶治朗(写真)は、リーグ戦13試合に出場した。そして今季J1第13節でお世話になったその湘南と対戦する。神戸の背番号「13」は、“13”にからんだ不思議な巡り合わせの中で古巣対決に挑む。

小川は湘南で「ポジショニング、体の向き、走るタイミングなどを今まで以上に考えさせられた」と話していた。それ以前は、スプリント回数の多さについて聞かれても「ただ回数が多いだけ。まだまだ質がよくない」と答えることが多かったが、湘南から戻ってきた小川は「自分の持ち味は走力。相手DFの裏へ抜け出すこと」とはっきりと答えることが増えた。神戸を出たことで、改めて自分の武器を自覚したのかもしれない。

いろんな意味で「湘南は自分を成長させてくれた」チーム。その恩返しができる今節は「どんな形でもいいので勝ちたい」と話す。湘南への感謝の気持ちはもちろん、根底には常に支えてくれている神戸サポーターへの想いがあるから。リーグ7連敗と苦しい時期をともに戦ってくれている今は、なおさら神戸サポーターへの恩返しの気持ちが強い。

直近のYBCルヴァンカップ最終節・名古屋戦に敗れた後、ゴール裏のサポーターへ挨拶に行った小川はこう感じたと話す。
「勝てなくて、僕たちだけではなくサポーターの皆さんも絶望を感じていると思う。当然、厳しい声もありますが、神戸のサポーターは絶望の中でも常に僕たちのいい部分を探そうとしてくれると感じた。だから、まず1勝を捧げたい」

湘南は前節の浦和戦で“世紀の誤審”を跳ね返して逆転勝利を挙げるなど不屈の闘志を備えた相手。今の神戸にとっては、見習うべき部分が多い相手でもある。だからこそ、神戸は勝つ必要があるのだと小川は続ける。
「湘南はすばらしいチーム。前節の勝ち方を見てもわかるように、最後まで勝負を諦めない。気持ちの強さはすごいですし、それをベースにしたハードワークもある。このタイミングで湘南と戦うことは神戸にとって意味があると思いますし、意味のあるものにしないといけないと思う」

湘南と神戸への恩返しを“勝利”で。ミスター神戸“ナンバー13”がノエスタを熱くさせる。

文:白井邦彦(神戸担当)


明治安田生命J1リーグ 第13節
5月26日(日)15:00KO ノエスタ
ヴィッセル神戸 vs 湘南ベルマーレ
ノエビアスタジアム神戸(ヴィッセル神戸)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (4.8)
アクセス (4.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.4)
  一覧  

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報