【鹿児島 vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:“勝利にダイレクトに繋がる活躍を”。ニウドの役割とは

2019年5月25日(土)


鹿児島にニュースターが誕生した。4月にニウド(写真)が加入してからの鹿児島は柏戦、愛媛戦と連勝し最下位からも抜け出した。フォーメーションの変化、選手同士の連携、攻守の切り替えの早さなど、鹿児島の変化を感じているサポーターも多いだろう。その成長の中心にいるのがチームの起爆剤的存在となったニウドだ。しかし「自分が救世主だという考えはない」と話す。本人は「チームが上手く動きはじめた時に自分の特徴をプラスすることでチームの潤滑油のような、上手く流れるきっかけになっただけのこと」と分析している。

ボランチでありながら前線にまで顔を出し得点にも貢献するニウドの存在は相手にとっても脅威だろう。加入当初から“得点”に関してこだわりを持っていた。自分の得点でチームを助けたい、攻撃で結果を出したいと考えていたという。さらに現在のポジションであるボランチの役割として“攻守にチームをつなぐ”ことも大切な任務だと考えている。

愛媛戦ではPKで、そして前節横浜FC戦では流れの中で得点を決め2試合連続ゴールを獲得しているニウドの適応能力に驚かされる。「気候もそうですが、チームメイトと馴染むことができたことが好調の要因」なのだとか。プライベートでは同年代のチームメイトと食事に出かけるなど、充実した鹿児島ライフを送っているようだ。

前節横浜FC戦で連勝が止まった鹿児島だが、アビスパ福岡戦に向けて今週もチームは厳しいトレーニングと向き合っている。
「勝利にダイレクトにつながる活躍をしたい。そしてJ2残留という目標をチームメイトと達成したい」。ニウドの3試合連続ゴール、そして九州ダービー勝利を期待しよう。

文:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月26日(日)13:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs アビスパ福岡
白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.7)
アクセス (3.6)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報