【山形 vs 金沢】 ウォーミングアップコラム:「根性対決」、松本怜大は今節をそう呼んだ

2019年5月25日(土)


今シーズンは3バックの一角に定着し、首位・山形の堅守を担っているが、前節・徳島戦では1点を追う後半、山形は4バックへの変更。公式戦では約1年ぶりとなる左サイドバックでプレーした。退場で一人少ない相手を押し込んでいたこともあり、高い位置から多くのクロスを供給、そのうちの1本が相手のハンドを誘い、同点のPKにつながった。

このところ、敵陣での攻撃参加はそれほど多くない松本怜大(写真)は「疲れました、すごく」と振り返った。左サイドバックでプレーしていた町田時代は「全部追い越せ」の指示を徹底して実践していたが、3バックはそれよりも守備に重きを置かなければならないポジション。さらに、3バックの右サイドでは熊本雄太が積極的な攻め上がりを見せている。

先月には「僕も行きます!」と熊本に張り合う姿勢を見せていた松本だったが、どうやら心境は変化してきている。

「上がんなくてもいいんじゃない?って思ってます、最近。みんな前に、前に行くので後ろでサポートしてます。いまは追い越す気がないんじゃなくて、バランスを見てるという感じです」

そう思えるようになったのも、守備での自信を手にしたからかもしれない。持ち味のスピードを活かしたカバーリングに加え、最近では球際で厳しく競り合うシーンも増えた。相手が倒れても自分は地に根を張るように立ち回り、ボールを足元に収めている。

最高気温30度以上が予想される今節・金沢戦のキックオフは14時。J2でも屈指のハードワークを見せる両チームの対戦は、間違いなくタフな戦いになる。早い時期に気温のチェックを済ませていたという松本は、ちらりと武闘派の顔を見せた。

「根性っすね、根性。『根性対決』。まさにそれに尽きると思います」

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月26日(日)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs ツエーゲン金沢
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.1)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.8)