【山口 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:ウイングバックという名のアタッカー、高木大輔。山口らしさ前面にゴールへ!

2019年6月7日(金)



山口は前節・水戸戦で3-4-3にシステム変更。右ウイングバックに入った高木大輔(写真)は、左の瀬川和樹とともに豊富な運動量を発揮し、6戦ぶりの勝利に貢献した。「攻撃であれば前にスプリントし、今まで通りの3トップのポジションに入る。守備に切り替わったときにはディフェンスラインに戻る。僕ららしいサッカー、しっかり戦って走ってというのを出せた」。高木はそう気持ちを込め、手応えとともに2連勝を誓った。

高木のプレーは3-4-3のネガティブな側面を消し去った。このシステムのウイングバックといえば、往々にして最終ラインに入っての5バックを優先的に求められる場合が多く、重心は下がりやすい。しかし攻撃的なサッカーを掲げる山口が、スタートからそれを選択するわけにはいかなかった。

霜田正浩監督は「僕らはウイングバックではなくて、サイドアタッカーだと思っている」と強調し、アタッカーにふさわしい高木と瀬川をピッチへ。両選手は起用に応え、高木は「まだまだ足りない」と言いながらも果敢に攻め上がり、3バックの一角だった前貴之の攻撃参加も呼び込んで、前のめりに試合を進めた。

「みんなで走って、最後の最後まで体を張って、ゴールも取りに行った。僕らが良かったときのサッカーを出せている」。高木は自信を込めて走り抜いた90分間を振り返り、「あとは点を取るところのクオリティをもう少し上げていければ、間違いなく僕らは上に行けるし、上に行かなければいけない」と目の前に迫る90分間にも全力を注ぐ考えを示す。

むろん、主戦場となっていたウイングに比べるとゴールからは物理的に遠くなる。結果にこだわってきた高木にとって、それはディスアドバンテージになるかもしれなかったが、直接問うてもタフな「アタッカー」は気にも留めていなかった。

「去年もウイングバックになって連続で点を取っているので、そんなに点を取れないポジションではない。クロスに飛び込んでいくという部分では変わらないし、どこかで絶対にチャンスは来ると思う。チームのために点を取ることや点を取らせることは自分の仕事。どこのポジションであってもやっていかなければいけない」

起用位置に関わらず結果への強い意欲を見せる高木。「相手のサイドハーフとサイドバックの間でうまく受けることができれば、自ずと自分が前を向く回数は増えてくる。そこから先、自分が何ができるかのクオリティを上げていくことが一番大事」と動きをシミュレーションし、目指すべきゴールと、その向こうで勝利を待つホームのサポーターに目線を向けた。

「一個勝ったから何かが変わったわけでもないし、劇的に順位が上がったわけでも、何かが決まったわけでもない。毎試合毎試合が本当に勝負。勝つことで上との差はどんどん縮まっていく。どのチームにももう負けられないし、ここから這い上がっていけるように、目の前の試合に勝つことが一番だ」

サポーターの後押しに応えようとする熱さも、ゴールへの人一倍の積極性も変わらない。「連勝することでさらに上に行ける。強い気持ちを持って、しっかり勝つためだけに試合をしたい」。前向きなサッカーを体現する高木は、再び難敵を前にする試合でも滅私を厭わず、ひたむきに走り続ける。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第17節
6月8日(土)19:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs 横浜FC
維新みらいふスタジアム(レノファ山口FC)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報