【松本 vs 仙台】 ウォーミングアップコラム:シャドーと左WBの“二刀流”で。中美慶哉はJ1を戦う

2019年6月14日(金)


前田大然が日本代表の一員として、コパ・アメリカに出場するためにブラジルへと発った。今節より当面の間、松本はスピードスターを欠くことになる。

これをマイナスとみるか、プラスとみるか。確かに開幕からチームを支えてきたアタッカーの不在は痛手だが、他選手にとってはアピールのためのビッグチャンスといえる。「大然がいないですけど、前線の選手は揃っている。『大然がいないとダメだな』と思われないように、勝利という結果を出したい」と意気込む中美慶哉(写真)も、その一人だろう。

今季は開幕からシャドーと左WBの“二刀流”で臨んできた。役割の異なる両ポジションを任されてきたのは、豊富な運動量や体幹の強さをストロングポイントとしていることもあるが、何より戦う姿勢を買われてのこと。「ピッチ外ではリスペクトするけど、ピッチ内では別」とアンドレス イニエスタやフェルナンド トーレスらビッグネームを相手にしても気後れすることなく激しく体を当てにいくファイターだ。今週のチーム練習でもシャドーと左WBの両ポジションを試されており、「どういう起用法になるか分からないが、先発からにしても途中からにしても与えられたポジションで求められるプレーをしないといけない」と覚悟を決めている。この仙台戦でも、そのアグレッシブなプレーに期待が集まる。

仙台は2試合連続で3得点を挙げるなど攻撃面が好調につき、松本としてはクローズな試合運びをすることが重要だが、勝利のためには点を取ることが必要。サイドにしても中央にしても、先発にしても途中投入にしても、中美に求められるのはゴールやアシストになるだろう。

「やはり失点をゼロにするだけでは勝てないので、『攻撃は最大の防御』じゃないですけど、守備ばかりに回ることのないようにしたい。攻めることで相手に攻撃させない時間を作ることも必要だし、守って守ってばかりではなく、攻めでも脅威を与えるようにしたい」と、その瞬間を待つ。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J1リーグ 第15節
6月15日(土)19:00KO サンアル
松本山雅FC vs ベガルタ仙台
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集