【千葉 vs 鹿児島】 ウォーミングアップコラム:鈴木椋大は平常心でやるべきプレーを完遂してゴールマウスを守る

2019年6月14日(金)


前節(第17節・栃木戦)で千葉のゴールマウスを守ったのは、今季、G大阪から期限付き移籍で加入し、第4節・水戸戦以来の出場となった鈴木椋大(写真)だった。水戸戦の出場は第2節・新潟戦は1-4、第3節・山口戦は2-5と大量失点での連敗を受けてのGKのスタメン変更だったが、今回は第16節・長崎戦で1-4と敗れたことを受けてのものだった。

「GKが代わる時はチームがよくない時ですし、前回の水戸戦もそうでした。今回もその前の試合で4点取られてという中での交代でしたけど、その時の試合がチームとして悪かったかといったら、別にそんなに悪いゲームをしていなかったので。その中での交代という意味で、自分が使われる意味というのもたぶんあっただろうけど、そこはあまり深く考えず、とりあえず自分ができることを精いっぱいやろうという気持ちで入りました」

江尻篤彦監督や櫛野亮GKコーチからは「こうしてほしい」という特別な指示はなかった。

「自分の特長は後ろからビルドアップすることというか、ボールを落ち着かせることがたぶん自分に求められていることだと思うので。そこはしっかりとやろうと思っていました」

栃木には何回かカウンター攻撃を仕掛けられたが、公式記録での栃木のシュートは3本だった。36分には味方のパスをカットされたことからフリーになっていた西谷優希に決定的なシュートを打たれたが、鈴木がファインセーブで失点を阻止。前述の水戸戦は後半のアディショナルタイムに追いつかれて1-1で引き分けたが、前節はスコアレスドローで、また勝ちきれなかったものの失点はゼロに抑えることができた。

「長崎戦でカウンター攻撃から3点ぐらい取られた中で、今回もカウンター攻撃を何本かやられましたけど、前の試合からの反省でしっかりみんなで戻って守備をしようというところは、フィールド(プレーヤー)の選手たちが戻ってしっかりできたから、0点に抑えられたと思います。マスさん(増嶋竜也)はじめディフェンスラインがしっかりコントロールしてくれたので、チームとしてよかったかなと思います。ホントにシュートがあまり飛んでこなかったので。そこに関してはフィールド(プレーヤー)のみんながすごく頑張って走ってくれて、GKが仕事をしないということがたぶん一番、チームとしてはいいと思うので、フィールド(プレーヤー)のみんなに感謝です。自分の中で、ビルドアップもパスをつなぐという意識の中でしっかりできた部分もありましたけど、まだちょっと危うい部分もありました。そこはもっともっと練習が必要かなと思います」

水戸戦に出場したあとも、そして今回も鈴木は口にしたが、GKが交代するのはチーム状態がよくなく、何かしらの変化が必要な時だ。ましてや、水戸戦のあとに千葉は監督交代を行なったため、鈴木は少なからぬ責任を感じて次のように話していた。

「1試合出られてチームの一員として一歩踏み出せたのはよかったですけど、監督の進退がかかっている中でスタメンとして使ってくれて、どうしても結果で残さなきゃいけなかったところを結果で残せなかった。それで監督も代わってしまった。もちろんこれでチームがいい方向に行くのが一番いいですし、そこはあまりネガティブに考えずにとは思っているんですけど、今まで自分もサッカーをいろんなチームでやってきて監督交代もいろいろ経験してきた中で、自分が試合に出て、そのあとに監督が代わるということが初めてなので、何かちょっとまた違った感情もあるし、本当に自分も責任を感じています」

選手として試合に出たいという強い思いと、チーム状態は悪くなってほしくないという思いがせめぎ合う中で、鈴木は再びピッチに立った。

「チーム状態が悪くて、どこのポジションを代えるといったらだいたいGKを代えるチームが多いと思うんですけど、それだけGKがチームにとって大きな役割を持っているということです。試合にはみんなたぶん出たいと思うので、そこのチャンスをしっかりつかめるか、つかめないかというのは非常に大事だと思います。ましてや、このチームは1試合出ても次の試合はどうなるかわからないです。GKが4人しかいない中で、クシさん(櫛野亮GKコーチ)をはじめとしてみんなで切磋琢磨して、誰が出てもチームの勝利に貢献できるようにしていけたらなと思います」

水戸戦と栃木戦はアウェイゲームで、今節で出場すればフクアリでの初のプレーになる。前節のプレーを「あれくらいはやってくれる」と江尻監督は評価しただけにどうなるか。

「いつもと変わらずにしっかり練習して、本当に誰を使うのか判断するのは監督だと思うので、自分は本当に自分のやるべきことをしっかりやって準備していきたいなと思います。ホームでサポーターの皆さんの力は本当に心強いと思うし、前回(第16節)はホームで相手にやられて負けているので、今回はやられないようにではないですけど、皆さんが喜んでくれるようなゲームができればなと思います」

気負うことなく平常心で、やるべきプレーを完遂してゴールマウスを守る。自分の置かれた状態がどうであろうと変わることなく、努力を重ねて準備し続ける鈴木の強みの1つだ。

文:赤沼圭子(千葉担当)


明治安田生命J2リーグ 第18節
6月15日(土)18:00KO フクアリ
ジェフユナイテッド千葉 vs 鹿児島ユナイテッドFC
フクダ電子アリーナ(ジェフユナイテッド千葉)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.5)
アクセス (4.4)
イベント充実 (3.6)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報