【大宮 vs 岐阜】 ウォーミングアップコラム:次世代への希望の星へ――奥抜侃志が担うもの。

2019年6月14日(金)

 

明治安田生命J2リーグ第17節、大宮対京都戦。今シーズン初の先発出場となった2年目の奥抜侃志(写真)は、キックオフ直後からリミッターを外しピッチを駆けた。
 
フアンマ デルガドとの2トップで、京都の攻撃の起点となるセンターバックに規制をかけていきながら、持ち味であるドリブルで敵陣を切り裂いてやろうと意気込んでいたが、12分、その機会は早速訪れた。茨田陽生からのスルーパスを左足でコントロールすると、寄せてくる京都DFを抑えつつ、倒れ込みながら右足で流し込んだ。
 
「いいボールが来たので、あとはもう気持ちで押し込むだけでした。2タッチ目で打とうと思っていたので、あの位置に止めてシュートというイメージはできていて、そこはもう感覚でいきました」
 
自身のプロ初となった得点は、チームを4連続ドローの悶々とした状況から抜け出させるための貴重な先制点となった。
 
ルーキーイヤーの昨年もブレイクの予感はあった。J2第10節、アウェイでの新潟戦で先発出場でプロデビュー。そこから6試合、プレー機会を与えられながら報いることができず、負傷もあって試合メンバーから外れていった。J1参入プレーオフでの途中出場でも結果を残せず、シーズンを振り返って「自分をもっと出していかないといけない」と誓って臨んだ2年目。第5節水戸戦以来12試合ぶりの出場機会となった京都戦は、負傷者続出のチーム状況にあって巡ってきた幸運もあった。
 
「いろいろ悩む時期もありましたし、試行錯誤もありました。ボールをはたく位置、持つ位置は監督から口酸っぱく言われていたので、そこは常に考えてました。そうして自分が物にしてきたものは間違いじゃなかったし、それを証明できたと思います」
 
この京都戦では、奥抜をはじめアカデミー出身選手が3名先発出場し、加えて4名がベンチに控えていた。彼らの活躍は単にチーム成績につながっていくだけでなく、現在アカデミーでプレーする選手への大きな希望となる。その旗印となるべく、奥抜は次へ向かっていく。

文:土地将靖(大宮担当)


明治安田生命J2リーグ 第18節
6月15日(土)18:00KO NACK
大宮アルディージャ vs FC岐阜
NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.8)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集