【磐田 vs G大阪】 ウォーミングアップコラム:J1通算100試合目を迎えるカミンスキー。今季見せるキック精度の成長。

2019年6月14日(金)


近年GKに求められる役割も変化してきた。今節G大阪戦でJ1通算100試合目の節目を迎えるカミンスキー(写真)も「最近GKの役割が変わってきているということはわかっている。今はゴールエリアやペナルティエリアから出て最後のDFとしてプレーしなければいけない。(足での)クリアも求められる。あとはビルドアップ。カウンターの起点にもなる。昔よりもその役割は、多くなっている」とその変化を感じている1人。ただカミンスキーは、どちらかと言えば足元の技術よりもセービングが優れるタイプのGK。そのセービング能力はJリーグの中でも屈指で、「神セーブ」と代名詞がつくほど数々のセービングでチームを窮地から救ってきているが、一方でキックを得意としたプレイヤーではない。

ただその課題とも真摯に向き合ってきた。「日本に来て思ったのは、キックのレベルが高い。それはポーランド人の平均よりも日本人の方が高いと感じた。そこから練習を始めて今に至るまでキック精度を上げるように心がけてきた」。ここ最近も全体練習後の居残り練習でロングキックの練習に励む姿も見られる。その成果も徐々に発揮され、昨季以上にキック精度が安定してきた印象も受ける。その地道な積み重ねが現代型のGKに近くための第一歩となってきた。

GKがビルドアップの中で攻撃の一端を担うことも珍しくない。その中で重要なことは、必ずしも精度だけではない。チームが後方からのビルドアップの強化にも取り組んでいる中で、「もっと攻撃の起点にもなれるようなプレーを責任持ってやっていきたい」と話していたように、J1初勝利を飾ったJ1第6節湘南戦で生まれたロドリゲスの得点は、相手のセットプレーをキャッチした瞬間に攻撃に素早く切り替えたカミンスキーの好判断から生まれたもの。そのアシストは、キックではなくスローインから生まれたものだが、素早く攻撃へ切り替えた判断が1アシストという数字にも繋がった。ロドリゲスやアダイウトンの爆発的な縦の推進力を兼ね備えた攻撃陣の特徴を踏まえても後方からタイミング良く、精度の高いボールが供給できれば、攻撃頻度の向上にも繋がる。またカミンスキー自身も誰もが認めるセービング能力に加えて、キックの精度が高まればまさに鬼に金棒。さらに“スーパー”なゴールキーパーへと成長を遂げていくだろう。まだまだ発展途上ではあるが、今後の更なる成長が楽しみだ。

文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J1リーグ 第15節
6月15日(土)19:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs ガンバ大阪
ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.5)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報