【FC東京 vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:プロ2年目のFC東京FW矢島輝一がJ1初先発へ 「みんなの思いに応えたい」

2019年6月14日(金)


FC東京は15日、本拠地・味の素スタジアムで神戸と対戦する。主力の永井謙佑が、日本代表初ゴールを決めた、国際親善試合・エルサルバドル戦(9日)で右肩を痛めて負傷交代し、今節は大事を取って出場を回避する見込み。代わって今節はFW矢島輝一(写真)がJ1初先発を飾ることが濃厚となった。

プロ2年目の点取り屋は「どうなるかは分からないけど」と前置きした上で、「体の準備はできている。あとは、どういう気持ちで挑むかをしっかりと考えていいパフォーマンスを出せるようにしたい」と口にした。

相手は今季も大型補強で豪華メンバーがそろう神戸。さらに、幼いころから憧れ続けた味スタが舞台だ。矢島がその視線に捉えるのは、J1初ゴールだ。

「そこは持っているなと思う。このタイミングでこういうチャンスが巡ってくるのも一つの巡り合わせなので。ヨウジ君(髙萩洋次郎)に『オレ、初ゴール取らせるのは得意だから』と言われた。そういううまい選手の近くでやればチャンスも増える。何とか1点を取りたい」

身長は187センチで、エリア内の勝負強さが最大の武器だ。サイドからのクロスに飛び込む形は、このチームに欠けていたゴールの形の一つだろう。「そこは自分の武器だし、ほかの人にはない武器だと思っている」と言い、こう続けた。

「チームのみんなが僕に取らせようという雰囲気や、パスでもすごく感じる。そういうみんなの思いに応えたい」

矢島にとっては、待ちに待った待望の瞬間だ。今季は、5月12日の磐田戦を契機に、4試合連続で途中出場してきた。徐々に、決定機に絡む回数も増えている。

青赤愛にあふれる点取り屋は、J1初ゴールと勝利を目指し、「前半の早い時間帯にゴールを取るために最初からガンガン行きたい」と吐き出す。矢島は、その瞬間を迎えた自分を想像し、「早く取ってみたいです、味スタで」と、頬を緩ませた。

文:馬場康平(FC東京担当)


明治安田生命J1リーグ 第15節
6月15日(土)19:00KO 味スタ
FC東京 vs ヴィッセル神戸
味の素スタジアム(FC東京)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (3.5)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.4)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報