【沼津 vs 秋田】 ウォーミングアップコラム:岩手戦で初スタメンを勝ち取った徳永晃太郎が次に目指すは「レギュラー定着」

2019年6月15日(土)


今季の沼津は、J3開幕戦でデビューを飾った渡邉りょうやJ3第9節八戸戦から3試合連続スタメンの佐藤尚輝などルーキーたちが早くも頭角を現し、次々とスタメン争いに名乗りを上げている。桃山学院大学を卒業し、今季から沼津に加入した徳永晃太郎(写真)も、前節岩手戦で念願のJ3初先発の機会を得た。

ただ「公式戦は全然違う。自分が思っているようなプレーができなかった」と先発デビュー戦を振り返った徳永は、持ち味だと話すセカンドボールを予測して回収する泥臭いプレーが発揮し切れず、「勝てない部分が結構あった。それを考えれば(自分の)100%ではなかった。もっとやれる中で、できなかったことが悔しい」と悔しさを露わにした。ただ反省点が多かった中でも攻撃時には、「背後に出ていくプレーや攻撃のスイッチを入れる前へのパスではやれると感じた」と自信を深めた部分もあっただけに、これからの飛躍が楽しみだ。

前節味わった悔しさを糧に今後の成長にどのように繋げていくかが大卒ルーキーにとって非常に重要となる。「腐らずにやることができるのが自分の良さでもある」と話す徳永は、これまでのサッカー生活でも地道な積み重ねをしてきた過去がある。中学、高校とレギュラーではなく、その才能が開花したのは、大学時代という遅咲き。立正大淞南高に進学した高校時代は、「スタンドでの応援も経験した」過去も持つ。ただ桃山学院大学進学後に出会った指導者に、「自分の走れる部分と守備の部分がもっとできればもっと上に行ける」と指導を受けて「(守備時の)アグレッシブさを大事しろ」と叩き込まれた。ポジションも高校までの攻撃的なトップ下から守備的なボランチにコンバートされるとその才能が開花。大学2年時にはスタメンを勝ち取った。

まだまだ始まったばかりのプロ生活でこれからも様々な障壁が待ち受けていることだろう。その中で今後の目標だと話す「レギュラー定着」を達成するためにも地道な積み重ねが欠かせない。泥臭いプレーと雑草魂のメンタリティーで今後の飛躍を目指す。

文:森亮太(沼津担当)


明治安田生命J3リーグ 第12節
6月16日(日)15:00KO 愛鷹
アスルクラロ沼津 vs ブラウブリッツ秋田
愛鷹広域公園多目的競技場(アスルクラロ沼津)
みんなの総合評価 (3.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.0)

移籍情報