【明治安田J1第15節】新監督初陣の神戸がイニエスタのゴールで首位・FC東京を撃破!清水は打ち合い制して最下位脱出

2019年6月15日(土)

清水 3-2 横浜FM|IAIスタジアム日本平


先制を許し同点に追いつき、勝ち越しされ1点を追いかける清水は89分にドウグラスの4戦連発弾で再び振り出しに戻す。そして迎えた90+1分、勢いに乗る清水は西澤健太(写真中央)が値千金の逆転ゴールをあげて横浜FMに劇的な逆転勝利!順位を18位にからプレーオフ、J2降格圏外の15位に順位を上げました。

浦和 2-1 鳥栖|埼玉スタジアム2002


共に前半に1点ずつあげ、後半は得点はなく引き分けが濃厚かと思われた90+3分、浦和はエースの興梠慎三(写真)が決勝ゴールをあげてチームを勝利に導く!浦和はホームでの連敗を3で止めて、6試合ぶりに待望の白星を飾りました。

FC東京 0-1 神戸|味の素スタジアム


神戸は49分にアンドレス イニエスタ(写真)がゴール左隅へと鮮やかな一撃を決めた先制点を死守。今季リーグ戦ホーム無敗の首位、FC東京に競り勝ってトルステン フィンク新監督の初陣を白星で飾りました。

松本 0-1 仙台|サンプロ アルウィン


仙台は36分に道渕諒平(写真中央)が今季初得点となる先制ヘッドを決めて幸先よくリード。この虎の子1点をGKシュミット ダニエルを中心に守り抜き、今季アウェイ初白星で今季初の連勝を果たしました。

磐田 0-0 G大阪|ヤマハスタジアム(磐田)


22分、FKからG大阪の三浦弦太(写真右)がヘディングシュートを決めるもオフサイドの判定でノーゴール。その後はお互いにチャンスをものにすることができず、スコアレスドローで勝点1を分け合う結果となりました。

大分 1-1 名古屋|昭和電工ドーム大分


2連敗中同士の対戦は、37分にオナイウ阿道(写真右)の2試合連続ゴールで大分が先制するも、名古屋は53分に宮原和也(写真左)の今季初得点で同点に。しかし、最後まで決勝点は生まれずドローで揃って連敗をストップしました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?
美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまのご応募をお待ちしております!

口コミはこちらから!

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報