【北九州 vs 藤枝】 ウォーミングアップコラム:北九州で躍動する國分伸太郎。スタジアムで表現する、歓喜への熱き鼓動

2019年6月21日(金)



「J3で活躍している選手がいずれJ1で活躍するときも絶対に来ると思うし、北九州の再建に携われることも貴重な経験だ」。J1に上がった大分を離れ、北九州に活躍の場を移した國分伸太郎(写真)。今年はこれまでに11試合に出場し、開幕戦ではゴールを挙げたほか、前節は町野修斗の2試合連続ゴールをアシストしている。「サッカー選手である以上、試合に出てなんぼだと思う」。ゲームを動かす仕事に関わる國分は、現在地に充実した表情を浮かべる。

大分時代も北九州でも攻撃的な位置でプレーする。今の主戦場は左のサイドハーフ。ビルドアップを担うほか、「できるだけ高い位置でボールを奪って、ショートカウンターで点を取りたい。後ろを見ながらプレッシャーを掛けて奪うというのは特に意識している」と語り、ボール奪取と素早い守備から攻撃への切り替えにトライする。プレースタイルと小林伸二監督の戦術が噛み合い、前節も敵陣内でのプレーが増えて決定機に絡んだ。手応えは大きく、「相手がどんな出方であろうと、どんな回し方であろうとも主導権を握れる時間が増えてきている。次の藤枝戦や、首位と近いチームをやったときに同じようにやれるかは楽しみ」と意気込む。

北九州は3節前、熊本との首位攻防戦に臨み、ほとんどワンサイドでゲームを進めながら惜敗を喫した。その後は2-0のスコアで2連勝。熊本戦が転機になったようにも見えるが、何度も振り返って天を仰いだりはしなかった。「甘い考えかもしれないが」と前置きしつつ、大分で上位争いをしてきた経験から、「シーズン中に勝ちたいときに勝てないとか、ここは取りたいというときに取れないというのは何回かあると思う。だからといって、そこにずっと気持ちを置いたままやるわけにはいかない。切り替えてどれだけ次に向けてできるか。負けたからといって次がないわけではない」と苦杯からのリカバリーに重点を置いた。結果は述べた通りで、國分のアシストやハードワークを足掛かりに、2戦連続の複数得点かつクリーンシートでゲームを閉じている。

正確なラストパスも、当たり負けしないファーストディフェンスも、一つ一つのプレーに躍動感がある國分。昇格に貢献したJ1大分に残ってのプレーとはならなかったが、J3の舞台ではつらつとボールを追っている。「プロサッカー選手になった僕を応援するというよりも、試合でサッカーをしている姿を見て応援してくださる方のほうが多いと思う。表現をする場は練習場ではなく、スタジアムでないといけない」。もちろんこのカテゴリーにとどまるつもりはなく、「積み上げていければ今年の後半戦でもっといいゲームが増えると思う。2位以上、自動昇格圏を狙っていきたい」と高い場所を視野に入れ続ける。

スタジアムは表現の場だ。ミクスタに5位藤枝を迎える今節も決定的な仕事に意識を向ける。「作ることもそうだが、右からのクロスに入る練習はすごくしているし、ゴール前に入っていく怖さを持たないといけない。ゴールの取れるところに行きたいし、勝つ試合で点を取りたい」。國分伸太郎、ここにあり。存在感を示す試合に、3連勝が懸かっている。

文:上田真之介(北九州担当)


明治安田生命J3リーグ 第13節
6月22日(土)18:00KO ミクスタ
ギラヴァンツ北九州 vs 藤枝MYFC
ミクニワールドスタジアム北九州(ギラヴァンツ北九州)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (5.0)
アクセス (5.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (4.0)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報