【FC東京 vs 横浜FM】 ウォーミングアップコラム:矢島輝一の人生を懸けた一撃で開いたゴールのふた 「あとは押し出すだけ」

2019年6月28日(金)


自らのサッカー人生を懸けたゴールだった――。FC東京のFW矢島輝一(写真)は、26日に行われたC大阪とのルヴァンカップ・プレーオフステージ 第2戦で、1-1となる貴重な同点弾を決めた。その結果、チームは2戦合計2-1でプライムステージ進出を決めた。

その試合前、長谷川健太監督は矢島に「ゴールを取れ」と伝え、さらにこう続けたという。

「(けがで離脱中の)ほかのFWが復帰したら、今ほどチャンスはないかもしれない。この試合に自分のサッカー人生を懸ける気持ちで臨め」

プロ2年目のストライカーは、その言葉に奮い立った。「今のままなら間違いなく、試合に絡める回数は減る。健太さんから言われたぐらいの思いを懸けてプレーしたい」。

そして、0-0で試合を折り返すと、「自分には残り45分間はない」と悟っていた。逸る気持ちをおさえてくれたのは、ロッカールームで隣にいた太田宏介の一言だった。

「必ずワンチャンスは来る。それを決めればいいから」

その言葉を信じた。そして、0-1で迎えた75分、そのチャンスが目の前に転がってきた。ゴール前のこぼれ球をユ インスが拾い、パスを受けた安部柊斗がつなぐ。そこに走り込んだ、矢島が右足で流し込んでゴールネットを揺らした。次の瞬間、その場に倒れ込んだ。「あの瞬間、気絶してたんじゃないかなって思うぐらい」と言って、苦笑いする。我に返った矢島は、両手をアウェイゴール裏に何度も振り上げて声にならない叫び声を上げた。

「どの試合でもゴールはゴールと思って、意味合いはつけないようにしてきた。だけど、これだけいろいろあって取れなかったから感情が爆発した。でも、このゴールで何かが変わるわけじゃない。ここから2点、3点と取らないと。試合はすぐに続くので」

これがトップチームでは今季初ゴール。矢島は次なる目標を見据えた。29日の横浜FM戦との首位攻防戦に向け、「どんな状況で試合に出るかは分からない。だけど、与えられた時間で、味スタで、ゴールを奪いたいですね」と言って「ふたは開いた。あとは押し出すだけなので」と力を込めた。目標を一つかなえた先には、次のゴールが待っている。それを、このストライカーは知っている。

文:馬場康平(FC東京担当)


明治安田生命J1リーグ 第17節
6月29日(土)19:00KO 味スタ
FC東京 vs 横浜F・マリノス
味の素スタジアム(FC東京)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.6)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.5)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報