【大分 vs 浦和】 ウォーミングアップコラム:控えでなくジョーカーの役割を担う小林成豪

2019年6月29日(土)


前節の神戸戦、試合終了近くに起死回生の同点弾を決めた小林成豪(写真)。「狙い通り。スペースが空いていたので特徴を出しやすかった」と本人にとっても会心の一撃だった。89分にパスをつなぐ鈴木義宜がボールを受けた瞬間、CB二人が藤本憲明にマークを寄せた“隙”を見逃さなかった。空いたスペースに抜け、ファーストタッチで追う相手を振り切り、右アウトサイドで技ありゴール。途中出場ながら持ち味を存分に発揮した殊勲者に、片野坂知宏監督は「小林はクオリティの高さをアピールしてくれた。試合途中から流れを変えてくれた」と評価した。

今季神戸から完全移籍した小林だが、リーグ戦では5節・広島戦での途中出場のみ。大分の戦術に馴染むまでに時間を要した。即戦力としての期待が大きかっただけに、ベンチメンバーにさえ入れない状況に「ヤバい、俺はどうなるんやろ」と落ち込んだと言う。そんな小林にコーチ陣は、試合の映像を繰り返し見せては、根気強く戦術の浸透を図った。

神戸戦を前に片野坂監督は「ウチが追う展開が必ずくる。ボールを運ぶ、仕掛けることができる小林が生きる時間がくる」とメンバーに入れた。1点を追う69分、最後の切り札として小林を投入。「(試合の)入りが良かった」と片野坂監督。最初のプレーは小林のこれまでの苦悩を爆発させたようなプレーだった。自陣でボールを刈り取り、そのままエンドラインまでドリブルで駆け上がり、クロスを送る。DFに阻まれCKとなったが、「俺が流れを変えるんだ」という思いをピッチにいた全員に知らしめた。

ドリブル突破で力強くサイドを切り裂き、裏へ抜け出すプレーも得意とする。前を向きボールを持てば、敵を混乱に陥れる。多くのチャンスを創出し、自ら得点も狙う。控えなどでなく“ジョーカー”として活躍する危険な男になりそうだ。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J1リーグ 第17節
6月30日(日)19:00KO 昭和電ド
大分トリニータ vs 浦和レッズ
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報