【沼津 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:染矢一樹が明かす沼津らしさを発揮するために重要な“背後への動き出し”。その効果とは?

2019年6月29日(土)


今季連勝がまだない中で、そのチャンスでもあった前節は、FC東京U-23の1点を跳ね返すことができずに敗戦。浮上のキッカケを掴むことができなかった。しかし結果とは裏腹に選手たちは「ネガティブな内容ではなかった」と言った染矢一樹(写真)の言葉が代表的なように悲観的には捉えていない。もちろん内容が良くても結果が伴わない現状に「結果が出ないのは、苦しいし、申し訳ない気持ちもある」と歯がゆさも感じているが、それでも「背後を取ってドリブルで仕掛ける場面も何度かできた。そういう良い部分は出せた」と手応えもつかんだ試合になった。試合を見ても確かに多くのチャンスを作り出していた。ただ最後決め切るあと1歩の精度が足りず得点を逃すシーンも多かった。ではどうやって得点に迫っていくか?リーグワーストの「9」点の得点力なだけに、この課題と向き合っていかなければいけない現状は変わらない。

ここ数試合[4−4−2]の最前線でプレーする染矢は、改めて沼津の良さを発揮するために「背後への動き出し」の重要性を強調する。「背後が全てじゃないですが、(背後に)走ることでギャップも空いてくる。そこから攻撃の厚みを増やしていけばいい。その質をもっと高めていきたい」。秋田に1−0で勝利した前々節に象徴的なシーンがあった。沼津が前半序盤は、シンプルに相手の背後を狙い、相手のラインを下げさせた。前半中盤付近になると、その前半序盤の戦い方が布石となって、相手ラインが次第に下がり始めて、中盤と最終ラインの間にスペースが生まれ始めた。そうすると染谷や田中直基らFW陣がうまくそのギャップで顔を出して、そこでボールを受ける。試合の中で戦い方を自在に変えたことが先制点にも繋がった。「足元、足元となってしまうと沼津の良さは出ない。足元が全てじゃなくて、背後が全て。前半の最初で背後に走って、そこで相手がラインバックで付いてくるのか、オフサイドを取りに来るのか。そこによって戦い方を変えないといけない。そこは頭を使ってやる部分と気持ちでいく部分とチームで意思統一してやっていきたい。前節も前々節もいい部分はあったと思う。そこは継続してやりたい」と言うように良い兆候は見られる。低迷を抜け出す得点力不足解消も近いはずだ。

文:森亮太(沼津担当)


明治安田生命J3リーグ 第14節
6月30日(日)15:00KO 愛鷹
アスルクラロ沼津 vs SC相模原
愛鷹広域公園多目的競技場(アスルクラロ沼津)
みんなの総合評価 (3.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.0)

移籍情報