【磐田 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:川崎F撃破に向けたキーマン・ロドリゲス。「アグレッシブな気持ちを見せられればいい」と強い気持ちで挑む。

2019年6月29日(土)


4試合未勝利のリーグ戦、公式戦では7試合未勝利と勝てない苦しい時期を過ごしているサックスブルー。そして今節迎えるは、昨季リーグチャンピオンでもある川崎F。一筋縄ではいかない強敵を迎えることになる。特に苦しんでいる要因でもある得点力不足は、チームの課題として根強く残るが、少しずつ試合の中で連携による崩しも散見され、成長の兆しがない訳ではない。しかし試合の中でその回数が決して多くない現状からもロドリゲス(写真)やアダイウトンの個人の打開力に依存しなければならない状況はしばらく続きそうだろう。

この得点力不足と言われる現状を「前線の選手としては複雑な気持ち」と心境を話すロドリゲスだが、その存在感が徐々に際立ってきていることは、チームにとっても明るい話題。ボールを持てば、相手2、3人に囲まれようが打開するだけの圧倒的な個の力があり、彼が魅せるプレーには、大きな可能性を感じさせてくれる。ここ最近リーグ戦はもちろん、JリーグYBCルヴァンカッププレーオフステージの2試合をフル出場とカップ戦でもフル稼働。水曜日の第2戦から中3日で迎える今節に向けて疲労が懸念されるが、自らのことを「マシーン」と言うロドリゲスにとって過密日程は全く問題ないようだ。

今節対戦する川崎Fの特徴を踏まえれば、「相手にボールを持たれる時間は長くなる」と選手らも言うように守備の時間が必然的に長くなることが予想される。一方で攻撃では、相手が前がかりになる分、背後に生まれるスペースを効果的に使い、カウンターからフィニッシュまで完結できるかどうかが試合の大きな焦点になる。それだけにロドリゲスにかかる期待は大きい。いかに良い状態でボールを受けられるか、そしていかにミスなくシュートの形まで持っていけるか。またその回数を試合の中でどれだけ増やせるかがカギとなるだろう。「足りないのは、本当にやり切ること。勝つ気持ちを見せるところに重きをおけば勝てる。試合をするためにピッチに立つのではなく、試合に勝つために戦うためにピッチに立つ。そういう気持ちをもっと見せれば、アグレッシブな気持ちを見せればいい」。そう今節に向けて意気込むロドリゲスが、昨季最終節でJ1参入プレーオフに参戦するキッカケとなった敗戦を喫した相手でもある川崎Fにリベンジを果たしてくれるに違いない。

文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J1リーグ 第17節
6月30日(日)19:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs 川崎フロンターレ
ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.4)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

移籍情報