【東京V vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:横浜FCで培った「縦への速さ」に加え、東京Vで「細かなパス」精度を鍛えられた永田拓也が成長を証明する

2019年7月5日(金)


第16節vs京都戦4失点、第17節vs鹿児島戦3失点という連続大敗をうけ、東京Vは第18節から4−3−3から3−4−3へとシステムを変更した。結果は、前節vs岐阜戦で1失点を許したものの、3試合1失点、2勝1分と上々。改善に、1つの答えを得たと言っていいだろう。

その中で、開幕から第18節まで不動のレギュラーとして出場し続けてきた奈良輪雄太が負傷離脱を余儀なくされた。そこで前々節vs大宮戦、前節vs岐阜戦と2試合連続で先発出場機会を得たのが永田拓也(写真)だ。

左のウイングバックとして、まず最優先としているのは守備だという。「かといって、5バックで引くという意味ではなく、前に積極的にプレスをかけて行き、どんどん押し上げていく守備を意識しています」。プラス、自身にとっては、「ゴール前、最後の最後で弾くというのも守備の大事な部分。最後の粘り強さ、シュートブロック、クロスの対応など、最後の最後で跳ね返すということも、チームとして徹底していきたい」。DF登録選手として、“失点0”が最大目標だ。

攻撃面での意欲も高い。自他共に認める、「前への推進力」が最大の武器だ。特に左サイドでは、奈良輪、佐藤優平の縦のコンビネーションが絶妙で、そこから決定的シーンを生み出すことも少なくなかっただけに、匹敵する連携、クロスの精度などが求められていることは本人も熟知しているところ。「大宮戦では、優平とのコンビネーションが上手くできていなかった部分があったので、岐阜戦では優平の動き出し、僕が前線に上がった時の動き出しの部分は意識してやっていた。何回かそれが上手く2人でできた部分もあったので、今節もそこは継続しつつ、もっともっと高めていければ」と、さらなる精度向上を目指す。

今節の相手・横浜FCは、2014年から昨季までの5年間を過ごしたかけがけのないクラブである。「感謝しかない」という古巣との初対戦に、「もちろんやりづらさはありますが、ワクワクはしています」と率直な思いを口にした。熟知する敵陣に対し、「前線に強烈な選手がいますし、タメを作ったらサイドも速いので、相手のショートカウンターが鍵になるのかなと。それに対して、自分たちが攻撃をしている時のリスクマネジメントや、シュートで終わるなど、最後まで攻撃をやりきること」をポイントに挙げる。前節も、縦パスを掻っ攫われてピンチを招くシーンは何度も見られただけに、「チャレンジしながらも、後ろのリスクマネジメントが大事。うしろでDFラインと話し合ってやりたい」。通れば決定機、失えばカウンターという、チャンスとピンチが紙一重の状況をいかに判断し、選択するか。見どころの1つとつと言えよう。

個人としては、東京Vに加入し「細かいショートパスがうまい選手がたくさんいる。その中で、自分も綺麗につないで、細かいところに侵入して行って、そこから突破できるところは成長できた部分」と自負する。そうしたプレーを存分に見せ、恩返しとしたい。

加えて、永田にとっては1試合1試合がポジション争いの大事なアピールの場。「そろそろアシストや得点など、目に見える結果を出せるよう突き詰めてやらなければ」と、危機感も同時に抱えてもいる。さまざまな想いを胸に躍動する背番号『22』に要注目だ!

文:上岡真里江(東京V担当)


明治安田生命J2リーグ 第21節
7月6日(土)19:00KO 味スタ
東京ヴェルディ vs 横浜FC
味の素スタジアム(東京ヴェルディ)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (2.8)
アクセス (4.2)
イベント充実 (2.8)
グルメ (2.8)
アウェイお楽しみ (2.6)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集