【G大阪 vs 清水】新たなポジションを開拓中の中村敬斗。『攻撃は最大の防御』であることをピッチで示す。

2019年7月12日(金)


かねてから定評があるようにFWとしての才能は申し分がない。それはFWとして起用された天皇杯2回戦・カマタマーレ讃岐戦を見ての通りだ。久しぶりに本職のFWで起用された中村敬斗(写真)は、指揮官からの期待に『ハットトリック』で応えた。

一方、J1リーグでは、ここ最近はずっと左ウイングバックでの出場が続いている。と言っても本人は新たなポジションに意欲的、だ。

「今後のサッカー人生を考えた時に、プレーの幅を身につけるという意味でも絶対に無駄にはならないし、できるポジションが増えれば自分が試合に起用される可能性も膨らむはず。それに、2トップの一角を担うより、僕の最大の武器である、ドリブルや縦への突破、カットインからのシュートが活きるかもしれない。もちろん、守備のリスクは大きくなるけど、そこも試合を重ねるごとに良くなっている手応えもある。事実、前節のFC東京戦も日本代表の室屋成選手にあまり仕事をさせなかったのは自信になったし、両チーム合わせて最多のスプリント回数を数えられたのも、仕掛けの回数が増えている証拠だと思う。もちろんこれは周りの選手のサポートがあってこそで、三浦弦太選手やキム ヨングォン選手にもすごく助けてもらっているし、倉田秋選手にはよく声をかけてもらって、おかげでイキイキとプレーできている。また今はしっかりと走れている分、少々のミスをしても自分で走って戻って取り返せばいい、という感覚でプレーできているのも大きい。そういう意味ではいまはこのポジションを楽しくやれています」

そんな中村の気持ちを掻き立てているのは、U-20ワールドカップでの経験だ。

「自分の何が通用するのかがハッキリした」

そう胸を張る同大会には、JリーグYBCルヴァンカップでの活躍が評価されギリギリで滑り込んだ。大会中は途中出場が多かったものの短い時間でも結果を出すことにこだわり、自分のパフォーマンスを整えたという。その中で、手応えとして語ったドリブルや仕掛けは、チームに戻り、ウイングバックでプレーしていても大切に磨き続けている。

「1つ前のポジションをするときは攻撃的な守備になるけど、ウイングバックだとディフェンスとしての守備を求められますからね。実際に体を張る局面が増えるからこそ守備力の必要性はすごく感じています。ただ僕が起用されている理由は守備力ではなく『攻撃』にあると思っているので。だからこそ、ウイングバックでも自分の良さで勝負したい。今節の清水戦も、仮に左ウイングバックで出場した場合、対峙するのは攻撃力のあるエウシーニョ選手になる可能性が高いですが、自分が攻め続けることで彼の良さを消したい。攻撃は最大の防御って言いますけど、そんなプレーを見せたいと思っています」

点をガンガンに取りに行くウイングバック。どう考えても、面白い。

文:高村美砂(G大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第19節
7月13日(土)19:00KO パナスタ
ガンバ大阪 vs 清水エスパルス
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報