【YS横浜 vs 秋田】大泉和也、光るユーティリティ性

2019年7月13日(土)


大泉和也(写真)がYS横浜に加入して6年目を迎える今季。持ち前の戦術理解力と周りの良さを引き出す潤滑油の動きが際立っている。だが、昨季の最終盤に負傷して手術してから復帰するまでには多くの時間を要した。

それでも前向きに悩み自分に矢印を向けて考えることができたことをプラスに捉えながらトレーニングに励んで第9節・相模原戦で途中出場し、第13節・長野戦では先発復帰。「どれだけ自分がプラスをもたらせられるか。厳しい試合が続くと思うので自分のクオリティーや経験の部分を生かしたい」と話していたように、出番が回ってくれば与えられた役割を愚直にこなすことで毎試合チームへの貢献度が高い。

そんな大泉の強みはなんと言ってもポリバレントさ。起用されるポジションはSBからボランチ、サイドハーフ、FWと様々。それぞれ役割も変わってくるがチームコンセプト、対戦相手の対策を理解して安定したパフォーマンスを発揮。いかなるときでも、自分の長所を存分に見せつける能力は流石の一言である。

ここまで成長を遂げたのは、YS横浜に加入してからの5年間に凝縮されている。1、2年目はFWやサイドハーフを任されてドリブルで目の前のDFを剥がしていく推進力のある選手だった。そして次第に落ち着いてボールを保持できることを買われてSBにも配されるようになり「周りも使いながらプレーすることも覚えていって、自分の中で幅ができていった」(大泉)。これらの経験を吸収した姿が現在の背番号9を映し出しているのだ。ただ、もっとレベルアップするために必要なことがあると言う。

「自分はユーティリティな部分が強みと言われてきました。それにプラスして結果に出る部分をもっと求めていけば、チームも、もっと上の順位に行くことができると思っています」

すべては目標である一桁順位を達成するために――。ゴール、アシストといった最後の質を磨き上げる。

文:髙澤真輝(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第16節
7月14日(日)17:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs ブラウブリッツ秋田
ニッパツ三ツ沢球技場(Y.S.C.C.横浜)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (3.9)
アクセス (3.5)
イベント充実 (2.6)
グルメ (3.1)
アウェイお楽しみ (2.6)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報