【熊本 vs 富山】逃げずに、積み重ねる。DF小笠原佳祐が模索する、「人とは違う道」。

2019年7月13日(土)


「攻撃をスタートさせるタイミングが分かってきたり、相手を見て判断できるようになってきた部分には成長を感じます。一方で、本来の役目であるゼロに抑えることができていないところには、もっとフォーカスしないといけない」

そう話すのは、加入1年目でここまで13試合に先発出場しているDF小笠原佳祐(写真)だ。8得点を挙げているFW北村知也同様、シーズン序盤に出場チャンスを掴んで以降、センターバックの1人として定着。渋谷洋樹監督が志向するサッカーを理解した上で表現できるクレバーさが理由の1つであろうかと思うが、同時に、「コーチや周囲の先輩の選手たちに怒られながらも、言われたことを吸収しようと逃げずに積み重ねてきた」ことも要因と自己分析。スピードやフィジカル、技術の面で突出しているわけではないと自覚するからこそ、「いかに頭を鍛えて、人と違う道を模索していくか。そこに挑戦していけば、差を生み出せるかもしれないと思っています」と話す。

トレーニング後にチームメイトとコミュニケーションを重ねたり、サッカーノートを活用し、試合で起きた事象を振り返って検証を重ねたりするのも、そうした引き出しを増やし、ピッチでのプレーに生かすため。それらを吸収し糧とし続ければ、自らの言う「差」を作り出していけるのだろう。

今のチーム状況は、筑波大に入学した年と似ているという。関東大学リーグ2部に降格した中、小笠原ら新入生もリーグ戦に出場。昇格争いの末に1部復帰を達成。その成功体験が、後の全日本大学選手権制覇や関東大学リーグ1部優勝にもつながった。
「チームのまとまりや雰囲気、状況も大学の時と似ているなと。ただ、自分はまだまだ、ついていくのが精いっぱいというところで。多分、今シーズンはずっとそうなのかなと思います。その中で少しでもチームに貢献できたと思えたなら、個人としても成長できたと言えるのかなと」

残り19試合となった今季の目標を達成するには、個々の成長は不可欠。そしてそれは、その後に書き加えられていくチームとクラブの発展にも欠かせない。

文:井芹貴志(熊本担当)


明治安田生命J3リーグ 第16節
7月14日(日)19:00KO えがおS
ロアッソ熊本 vs カターレ富山
えがお健康スタジアム(ロアッソ熊本)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.5)
アクセス (2.9)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.3)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報