J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【湘南 vs 神戸】ベースをしっかり持って――山根視来

2019年7月13日(土)


6試合ぶりの勝利にじわりと喜びが押し寄せた。長い笛が響き、ピッチの上で、スタンドで、ライトグリーンが歓喜に揺れる。だが背番号13はピッチにうずくまったまましばし動くことができなかった。ようやく立ち上がり、仲間と称え合う。汗と涙でくしゃくしゃのその顔が、人知れず背負っていたことを物語っていた。

山根視来(写真)は言う。
「試合をやっていても手応えがなく、前からプレッシャーに行ってるのになんでハマらないんだろうとずっとモヤモヤしていた。もちろんそれでは結果も付いてこない。一生勝てないんじゃないかと思うことさえあった。だから、うれしいというよりホッとしました」

原点回帰の一戦だった。ポゼッションに長ける名古屋に対し、湘南は前線からタイトに寄せ、プレスバックを含めて足を止めず、押し込まれればゴール前で身を挺した。山根自身、幾度もシュートを阻み、決定機をはね返す場面もあった。攻撃的なディフェンスや素早い攻め、走力や球際など自分たちが本来培ってきた原点を見つめ直し、持ち前のインテンシティを発揮して掴んだ無骨な勝利だった。

連敗を止めた彼らは今節、神戸をホームに迎える。名古屋に引き続き、ポゼッションに優れ、攻撃に秀でる強敵だ。言わずもがな、イニエスタとダビドビジャの元スペイン代表コンビをはじめ、強烈な個性もひしめいている。

ビジャとのマッチアップが予想される山根は、しかし気負わずに言った。
「どうすれば止められるというレベルの選手ではないので、人数をかけてしっかり守ることが大事だと思います。名古屋戦でやったベースをしっかり持って戦いたい」

前節同様、原点を突き詰める。確たる拠りどころが彼らにはある。

文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 第19節
7月14日(日)19:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs ヴィッセル神戸
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.9)
  一覧  

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報