J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【札幌 vs 湘南】練習は実を結ぶ。古巣相手に努力の成果を発揮すべく、背番号19が意気込む。

2019年7月19日(金)


前節の大分戦。札幌にとっての唯一の得点となった先制点は記録こそオウンゴールだが、それを呼び込んだのは間違いなくMF白井康介(写真)だった。相手ペナルティエリア左でMFチャナティップからパスを受けると、そこから巧みに切れ込んで右足でコントロールシュート。ポストに当たりはしたものの、その跳ね返りがGKにぶつかってゴールイン。白井の得点と評してもいいくらいのシーンだった。

前々節の松本戦では今シーズン初得点を記録していた。「自分の前にボールがこぼれてきた。ラッキーだった」と言うものの、そういうポジションに走り込んでいたことが大事。とりわけこの松本戦ではスタメンに抜擢される形で出場していただけに、得点のインパクトはよりいっそう強かったように思う。

6月から7月のはじめにかけてはフル稼働だった。中2、3日でリーグ戦、JリーグYBCルヴァンカップ、天皇杯があるなかで、この白井はどの大会にも絡み、ピッチを駆け回った。当然、疲労も蓄積していることは間違いのないところだろうが、「試合になかなか出られない時期もあったことを考えると、続けて試合に出られるというのは嬉しいこと」と元気に振舞う。前述の松本戦についても、「試合に出られない時期に練習で取り組んできたことが、実になった部分が多かった」と振り返る。 

札幌に加入した昨シーズンも序盤は「チーム戦術に馴染むまでに時間がかかってしまっている」とフィットするまでに時間を要してしまったが、それでもじっくりコツコツと練習などを積み重ねることで、着実に試合のメンバーに絡むようになっていった。

チームとしてACL出場を目指す今シーズンは昨シーズン以上にポジション争いが激しくなり、白井のポジションのみではないが、そう簡単に定位置を確保できる状況ではない。しかしながら、それでも変わらず課題の克服などに日々、力を尽くすことでチャンスを掴み、そこで結果を出している。

今週末は古巣とのホームゲームを迎える。昨シーズンも湘南戦の前は「試合に出られたら、成長した姿を見せたい」と口にしていたが、今シーズンもさらに努力を重ねた成果を古巣相手に披露して欲しいところだ。


文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J1リーグ 第20節
7月20日(土)13:00KO 札幌厚別
北海道コンサドーレ札幌 vs 湘南ベルマーレ
札幌厚別公園競技場(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.8)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.1)
グルメ (2.9)
アウェイお楽しみ (2.8)
  一覧  

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報