J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【名古屋 vs G大阪】いよいよ名古屋デビューを果たす太田宏介。その左足で“幸せ”を呼び込めるか。

2019年7月19日(金)


対戦相手は宇佐美貴史の“復帰戦”や、中村敬斗のオランダ移籍前最終戦と話題満載で乗り込んでくるが、迎え撃つ名古屋とて今節の話題は多い。ホームタウンを巻き込んだ一大イベント「鯱の大祭典」の本格スタートとしてBEAMSデザインの記念ユニフォームを着用するほか、そのレプリカモデルのユニフォームも来場者全員に配布。豊田スタジアムの照明設備が今季からLEDに換装されたことを受け、この日は初めて光と音響、映像によるスタジアム演出を行なうことも決定している。しかし最大の話題は何といっても新戦力のデビューである。FC東京から加入した太田宏介(写真)は「どこのチームにいてもすべてが特別な1試合だと感じて臨んでいます。気持ちは変わらないですね」とさすがの落ち着きで新天地での第一歩を踏み出そうとしている。

太田といえば左サイドバックの名手として名高いが、名古屋ではひとまず3バックの一角を担ってのスタートとなりそうだ。7月9日のチーム合流以来、ほぼ一貫してこのポジションでの練習を続けてきた。経験はないという最終ライン中央の守備だが、フィジカルの強さと左足キックの精度はそのまま攻撃的な名古屋の守備の中で生かされ、守護神ランゲラックも「彼は技術も高くフィットネスも強い。加入は良いことで、しっかり助けてもらって、良い結果を出せたらいいね」と白い歯を見せた。前週に非公開で行われていた練習試合でも上々の出来を見せたらしく、「3バックの位置から上がっていって、クロスでアシストも決められました」と早くも自分の武器をアピールしていた。独特とも言われるチームスタイルにも日々順応できているようで、「ボールを持っている時のみんなの発想であったり、クオリティにすごく高いものを感じた。その中で自分の長所を出していけるようにしたい」と俄然意欲も燃やしている。

名古屋ではFC東京と同様にセットプレーのキッカーとしても期待され、本人もそれを自覚しながら実戦へと調整を続けている。「キックのフィーリングは練習試合でも良かった」と言い、練習後に居残りで見せたクロスや直接FKはさすがの切れ味。風間八宏監督も「セットプレーがどれだけあっても、一番大事なのはキックがどれだけ合うか。そこの質を高めなければいけないというのはチームの一つの課題でもある。そこに宏介がうまく入ってくれれば」とやはり期待を隠さない。太田もまた自信を隠さず、「セットプレーの得点があるとないとでは大きく違いますし、特にこういう苦しい状況ではセットプレーで試合を決められる選手になりたい」と8試合勝利のないチームの救世主となることを宣言した。気負いはなく、「良いところ見せたいなんてどの試合でもそうですよ」と一流のプロフェッショナリズムも披露するあたりはやはり経験豊富なベテランである。

FC東京、あるいは清水のイメージが強い太田だが祖父母が愛知県にいるといい、「子どもの頃はよく来ていました。グランパスの試合は見たことないけど、中日ドラゴンズの試合はよく見に行っていた」と意外なエピソードも。「奥さんの実家とも東京よりは近いし、みんなが幸せな移籍になりました」と笑う名古屋の新たな背番号36は、その左足でサポーターも幸せにする勝利を呼び込めるか。


文:今井雄一朗(名古屋担当)


明治安田生命J1リーグ 第20節
7月20日(土)18:00KO 豊田ス
名古屋グランパス vs ガンバ大阪
豊田スタジアム(名古屋グランパス)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報