【北九州 vs 八戸】ピッチ上の昇格請負人、岡村和哉。若手と歩む常勝への道

2019年7月19日(金)


今節で前半戦を終える明治安田J3リーグ。攻守が噛み合ってきている北九州は上位で折り返すことになるが、善戦しながら勝ちきれないもったいない試合もあった。「際どいところを勝てていたらダントツで1位になれていた。少しの差を埋め、(勝機を)引き寄せるのは普段の練習や日頃の生活。あと一歩がこっちに転がってくるようにやっていきたい」。守備陣を束ねる岡村和哉(写真)は、表情を決して緩めなかった。

今季、讃岐から加入した岡村。J3発足以前の長崎と讃岐で、それぞれJFLからJ2への昇格に貢献している。小林伸二監督が昇格請負人と言われているが、岡村もフィールド上での経験値は高く、自身3度目のJ2昇格に向けて序盤から奮闘。ピッチの中では持ち前のハードディフェンスをする一方で、北九州では攻撃を開く役目も担い、「最初の攻撃は後ろからのパスだったりする。いくつかのパターンをどう選択するか」を試行錯誤しながら実践する。

チームの雰囲気は上々だ。岡村は「みんな頑張ってくれているし、(若手とベテランの)どっちかが引っ張っていくという感じではなく、切磋琢磨しながらやれている。選手みんな好きだし、このチームで上がれたら最高」と目を細め、ピッチを離れれば若手がぐんぐんと伸びていけるよう、どういう姿勢が必要かを背中で示したり、声を掛け合ったりしている。

「試合に出ていても、試合に出ていなくてもやることは変わらない。そういうのを示していかなければいけない歳だとも思う。サボったら代えられるし、サボってなくても誰かが良かったらそっちが出る。そういういい循環がある。本当に全員で成長できる環境がある」

岡村はこれまでの経験を踏まえ、「ブレークする若手が出てきたら、それは上がる年。ブレークする若手が出てきたら強いと思う。それがチームのために還元される。若い選手はそういう思いで頑張ってほしい」と説く。実は岡村の2ゴールはいずれもルーキー・新井博人が蹴ったセットプレーの流れからで、直近2試合は同じく大卒ルーキーの後藤大輝がGKを務めるなど、攻守にわたって周りは若手が多い。31歳の岡村は「ゴッド(後藤)はゴッドで積極的にやっているので何も言うことはない。新井もめちゃくちゃ成長していると思う」と話し、感情豊かに接して若手をリードする。

センターラインの重要なポジションを中堅やベテランが担い、若手がサイドを駆って勢いよくランニングする今季の北九州。前半戦のラストゲームは、初対戦となる八戸を迎える。岡村は「八戸はアグレッシブに来るチームで、僕らも相手を分析している」とした上で、こう続けた。

「自分たちのプレーの精度だったり、強度というのを意識したい。相手どうこうではなく、やろうとしていることをみんながやれれば、基本的には押し込めるだけの能力が付いてきている。積み上げを確固たるものにして、後半戦に向けて、勢いの付く試合にしていきたい」

もう一度、J2の舞台へ。残り18試合に岡村は全力を注いでいく。


文:上田真之介(北九州担当)


明治安田生命J3リーグ 第17節
7月20日(土)18:00KO ミクスタ
ギラヴァンツ北九州 vs ヴァンラーレ八戸
ミクニワールドスタジアム北九州(ギラヴァンツ北九州)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (5.0)
アクセス (5.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (4.0)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報