【京都 vs 大宮】加藤順大は覚悟を持ってピッチに立つ。

2019年7月19日(金)


前節、敵地で行われた山形との首位決戦を制して1位に立った京都。ホーム・西京極に戻って、勝ち点差1で4位につける大宮との試合に臨む。

この試合で注目を集めるのがGK加藤順大(写真)だ。今季、大宮から加入した背番号1は開幕から第2GKを務めてきて、前半戦の敵地での大宮戦にも帯同はしたが出場機会はなし。それでも試合後に大宮サポーターから声援を受けるなど、チームを離れてもなお愛される存在であることを印象付けた。その後、天皇杯2回戦でサンガデビューを果たすと、直後のリーグ戦でもゴールマウスを任されて、ここまで2試合連続での完封勝利に貢献している。そして迎える、古巣との一戦。本人は「2試合連続で無失点なのはいいことです。チャンスも作れている。1試合1試合、目の前の相手を倒すためのいい準備をしてきている。(大宮戦が)特別な試合というよりは、全部が特別な試合だと思ってやっています」と心の持ちようを説明している。

大宮の特徴やポイントについては試合前という事で多くを語らなかったが、「攻撃を含めて好調なのは感じます。大宮はアウェイでも非常にたくさんのサポーターが来るチーム。それを見て、サンガのファンやサポーターも『負けてられないな』と思って、もっとたくさんの人が試合を見に来てくれたらいいですね。本当に一人でも多くの人に西京極へ来て欲しいし、今この状態にあるチームを本当に見に来て欲しいです。(今の西京極は)少ないです、足りないです。それができるように僕たちももっと努力してアピールしないといけないし、株式会社京都パープルサンガもそうですね」とアウェイチームに負けない、ホームの後押しを期待している。

加入して半年だが、早くもチームメイトやサポーターの心をつかんでいる。黒木恭平は「苦しいときに声を出してくれる。圭ちゃん(清水圭介)もそうなんだけど、ノブくんには突き抜けた明るさがありますね」と話す。そしてピッチ外でも、なかなか公式戦のピッチに立てない期間に、常にチームが勝つためにできる事を控えGKの立場から考えて、実践してきた。経験豊富な選手のこうした振る舞いが、他の選手に好影響を与えることは間違いない。

そうした雌伏の時を経て、ようやくチャンスが回ってきたのが、21節・長崎戦だった。そのときの事を、こう振り返る。「常にサッカーが上手くなりたいと思って生活してきた。長崎戦は(リーグ戦での)今季初出場で、そこで『加藤順大はこういう選手なんだ』というものを示せたし、そういうプレーができた事で安心もしました。やってきたことが間違っていなかったな、と」

そして、さらに言葉を続けた。「不安はなかったけれど、やっぱり1年半以上も公式戦に出ていなくて、自分の体がどんな反応を見せるのかとか、どれくらい緊張するのかとかがわからなかった。ただ、ここでしっかりとしたプレーを示せなかったら、サッカー選手としての評価は『もう加藤はダメなんじゃないか』と思われるかもしれない。そういった思いはありました。だからこそ、しっかり示せてよかった。できるだけ長くプロサッカー選手でありたいから、自分のサッカー人生の中でもすごく大事な試合でした。デビュー戦よりも、あの長崎戦が重要だった。それくらいの覚悟でやりましたよ」

浦和ユースからトップ昇格して、プロのキャリアをスタートさせたのが2003年。そこからJリーグデビューするまで8年間の時間を必要とした。その舞台は、今回の対戦相手である大宮との埼玉ダービーだった。2-2で引き分けて「敗戦でスタートしなくてよかった」と胸を撫で下ろしてから、さらに8年の年月が経過している。酸いも甘いも経験してきた男は、京都の地で何を成し遂げるのか。古巣との対戦に燃えているのは間違いない。ただ、求めているものは京都サンガのJ1昇格であり、自身の実力と価値を高めることだ。それらは、1試合1試合を全力で戦い抜いた先にしかないことを彼は知っている。明るいだけではない、その覚悟をパフォーマンスで表現する男の生き様が、大宮戦でも披露される。


文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第23節
7月20日(土)19:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs 大宮アルディージャ
たけびしスタジアム京都(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (2.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報