【甲府 vs 岡山】曽根田穣、追い込まれたチームを救うために運動量と質を発揮して挑む

2019年7月26日(金)


前節、内容や決定機の数では長崎を上回りながらも加入したばかりのビクトル イバルボに決められて0-1で敗れた甲府。順位はプレーオフ圏内の6位から圏外の7位に下がり、自動昇格を目標とするクラブとしては非常事態といってもいい現状。京都の躍進で上位の勢力図が変わってきたことで首位(京都)との勝点差は7ポイントのままだが、上位の数チームに引き離されかねない現状。これ以上負けるわけにはいかないのが今節。

決定機があるのに決め切れない現状を打開する妙案がなかなか見つからないだけに、ここ数節の試合内容は悪くはないのに難しい一戦になると考えないといけない今節。そこで期待したいのがFW曽根田穣(写真)。前節の長崎戦でもほとんどの決定機に絡むプレーを見せており、チームに欠かせない選手。ピーター ウタカ、ドゥドゥという外国籍ストライカーは当然ポイントになる選手だが、彼らが決め切れない現状では曽根田のように決定機に絡める選手が回数を増やし、質を高めていくしかない。 

長崎戦では守備でも高い貢献を果たした曽根田は両足が攣るくらい走り切り、「ようやく疲労が抜けた」と金曜日の練習後に言うほど。今節については「先制すれば経験がある選手がいるので戦い易くなると思う。そういう戦いはウチは得意。後ろの選手が頑張って守ってくれているので決めないといけない」と、前節決め切れなかった借りを返す気持ちは強い。また、夏場は得意なだけに「暑いのは嫌いなんですが、夏の方が動ける。周りが動けなくなるだけに、若い選手は動かないといけない」と前節同様に運動量も惜しまない覚悟。チームが自動昇格という目標を果たすためにはこれ以上負けられない苦しい状況で、曽根田が外国籍選手のなかでどう活き、どう活かされるかに注目したい。


文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第24節
7月27日(土)18:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs ファジアーノ岡山
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.0)

移籍情報