【明治安田J2 第24節】上位陣は手堅く勝点を拾いさらに混戦へ。新潟のフランシスはハットトリックの大活躍!

2019年7月27日(土)

栃木 1-2 柏|栃木県グリーンスタジアム


開始2分で先制を許した柏は17分にオルンガ(写真左)の今季10得点目が決まり同点に。さらに後半開始直後にエース・クリスティアーノ(写真右)の2試合連続ゴールで逆転!1点差を守り切った柏が6連勝を飾りました。

千葉 1-3 横浜FC|フクダ電子アリーナ


連勝が欲しい千葉は為田大貴のゴールで先制!しかし横浜FCは36分、56分と松井大輔(写真)のゴールで逆転し、75分にはレアンドロ ドミンゲスがダメ押しのPKを決め3-1で勝利。5連勝を達成し、勝点を38に伸ばしました。

甲府 1-2 岡山|山梨中銀スタジアム


1-1で迎えた90+2分、相手GKが弾いて高く上がったボールに反応したイ ヨンジェ(写真左から2番目)が頭で合わせ逆転!これで4連勝とし、J1昇格プレーオフ圏内に踏みとどまりました。

山形 3-1 徳島|NDソフトスタジアム山形


19分、PKを獲得した徳島が先制。その後清武功暉(徳島)がイエローカード2枚で退場してしまい、数的優位になった山形が反撃!大槻周平(#13)の2ゴールと、ガンバ大阪から加入した髙木彰人のゴールで3-1の逆転勝利!5試合ぶりの勝利を収めました。

大宮 1-0 山口|NACK5スタジアム大宮


先制したのは大宮!9試合ぶり先発の大前元紀(写真)がゴールで結果を残し手堅く1-0で勝利。ホームでしっかりと勝点3を積み上げました。

東京V 1-0 町田|味の素スタジアム


試合が動いたのは41分。佐藤優平(写真中央)のクロスが相手のオウンゴールを誘い東京Vが先制。この得点を守り切り、開幕戦のリベンジを果たした東京Vが永井監督体制2連勝を飾りました。

新潟 4-0 琉球|デンカビッグスワンスタジアム


オウンゴールで先制した新潟が試合に優位に進めるとフランシス(写真)が立て続けにゴールを奪いハットトリックの大活躍!3試合ぶりの勝利を収めました。

京都 2-1 岐阜|京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


同点で迎えた65分、ホームの京都にPKをチャンス。駆け引きを制した庄司悦大が見事決め、今シーズン初ゴールが貴重な決勝点に!京都が首位をしっかりキープしました。

愛媛 0-2 金沢|ニンジニアスタジアム


押し込まれ気味の金沢でしたが、相手DFのミスを見逃さず垣田裕暉が均衡を破るゴールを決める!その後も山根永遠(写真右)PKをしっかり決め、2-0で金沢が勝利。若い2人のストライカーが勝利に導きました。

福岡 1-1 水戸|レベルファイブスタジアム


なんとか浮上の兆しを見せたい福岡は上位の水戸相手に先制するも、水戸も負けじと小川航基の2試合連続ゴールで応戦。試合は1-1で終了し、痛み分けに終わりました。

写真=激しいマッチアップを見せる前寛之(水戸)と森本貴幸(福岡)。

鹿児島 1-2 長崎|白波スタジアム


玉田圭司(写真右)の第8節以来のゴールなどで、長崎が前半のうちに2点のリードを奪い試合を優位に進める。鹿児島は後半に入り猛攻を仕掛け1点を返すも、2-1でタイムアップ。追撃を振り切った長崎がバトルオブ九州を制しました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集