【岡山 vs 柏】ザ・プロフェッショナル・田中裕介。

2019年7月30日(火)


複数のポジションをこなすプレーヤーが、チームの可能性を広げる。これまでの岡山でも幾度も見てきたが、CBとSBのDF田中裕介(写真)は、それぞれのパフォーマンスが文句なく完成されているので、当たり前のこととして見てしまう。しかし役割も運動量もかなり異なるわけで、改めて、そのプロフェッショナルぶりに感服するのである。

開幕戦からずっとCBで、チームの勝利を追い求めてきた。試合後は、シーズン全体を見通す視点を保ちながら、客観的な分析でゲームを振り返りながら、ひとつの失点、ひとつの負け、ひとつの引き分けの要因となったディテールに、非常にこだわる。5月にはこう話していた。「リーグ戦最初の1/3の期間に、チームの土台は作れたと思っている。残り2/3に関しては、選手個人のプラスαが乗っていかないと、勝ち点は伸びない」。

7月の琉球戦と山形戦にはSBで出場した。プレシーズンはSBが多かったが、公式戦の先発では琉球戦が初。サイドを力強く駆け上がる姿が印象的だった。気をつけたことは、「ディフェンス面では相手にサイドからクロスを上げさせないこと、センターバックのカバー。監督からは『やるべきことをやってくれ』と言われ、自分の中で整理できていました。長くやっていたポジションなので特別な違和感はなく、ただ運動量は多少、サイドのほうが多くなるので、そこは不安材料でしたが、(久保田)和音や(関戸)健二がすごく頑張ってくれるので、うまく連係して出来たと思います」。 

コメントには、チームメイトを賛美する言葉が多い。そのダイナミックなパスが、ぴったりと味方に収まるのも、細やかでおおらかな視線が生かされているはずだ。

リーグ戦を折り返して、チームはクラブ史上初の4連勝中。前節は再び、CBでプレーした。2巡目の難しさを聞くと、こう答えてくれた。「自分たちの形でしっかりと勝ちきることと、相手のストロングを消すことは重要になってくる。僕らは特殊なサッカーをやっているわけではないので、相手が格段にやりづらくなることも、やりやすくなることもない。その中で自分たちのクオリティが上がってくれば、相手が嫌がるチームになれると思います」。


文:尾原千明(岡山担当)


明治安田生命J2リーグ 第25節
7月31日(水)19:00KO Cスタ
ファジアーノ岡山 vs 柏レイソル
シティライトスタジアム(ファジアーノ岡山)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.2)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.8)

移籍情報