【琉球 vs 長崎】「悔しい」だけでは終わらない。光明を見出す金成純の飽くなき向上心

2019年8月9日(金)


「悔しいです」
試合終了後、ミックスゾーンに顔を出した金成純(写真)はその言葉を何度も口にした。

前節の柏戦で今季初先発の座を勝ち取った金は試合前、樋口靖洋監督から「お前ならできる。自信を持ってやれ」と声をかけられたという。

「チーム4連敗と苦しい状況でしたし、自分が助けたいという一心でした」。闘争心に火がついた金はJ1昇格を狙う柏を相手に臆すること無く真っ向勝負を挑む。すると25分、右のPA手前から上里一将のスルーパスに金が反応。PA内の右から右足を振り抜く。しかしシュートは枠の右に大きく外れた。
「ゴール前のクォリティーを上げないと…」。金は悔しさをにじませた。

今年に入り、彼の評価が高まった試合がある。7月3日の天皇杯2回戦・山口戦。本来中盤の選手である金は右サイドバックで出場する。しかし慣れないポジションにおいてもしっかりと選手との距離間を保ち、相手の強いプレスに対し勇気を持ってボールを引き出し、受けて展開する姿を見せた。どのポジションでも自身のプレーができることを示した金のユーティリティー性はチーム力を底上げし、自身のプレー機会もこれを機に徐々に増えていった。

柏戦では86分間プレー。1-5で敗れたものの、高い壁にぶつかりながらも必死に乗り越えようとした姿はピッチ上でしっかりと感じ取れるものだった。乗り越えられず悔しさをにじませながらベンチに戻る金の姿に、樋口監督はがっちりと握手を交わした。
「ほんとに今日、非常に臆することなくプレーしていたなと。あらためてチームの力になるということを示してくれたと思います」(樋口監督)

「決定的な最後のパスであったりシュートの質を自分自身突き詰めていかないとダメかなと思う。でも(柏戦で)ゴール前まで攻め入ることができたことは自信を持っていいと思うし、最後の質の部分でインパクトを与えられるようになりたいです」。

悔しさを募らせる一方で見えた光明。自身が輝くプレーを見せたとき、チーム全体の光も大きく増すことだろう。

文:仲本兼進(琉球担当)


明治安田生命J2リーグ 第27節
8月10日(土)19:00KO タピスタ
FC琉球 vs V・ファーレン長崎
タピック県総ひやごんスタジアム(FC琉球)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (3.4)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報