【京都 vs 栃木】"ボックス トゥ ボックス"の、その先へ。重廣卓也が追い求めるもの。

2019年8月9日(金)


「久々のスタメンで緊張しました」

重廣卓也(写真)は前節・東京V戦で、6試合ぶりに先発メンバーへ名を連ねた。この試合、中田一三監督は前々節・金沢戦からスタメン6人を変えるという大胆な起用に出た。9日間で3試合という連戦の最終戦で主力選手に疲労がたまっていることや、金沢戦の内容が良くなかったことが要因として考えられるが、それと同時にパスをつなごうとする東京Vに対して、前線から制限をかけるために走れる選手やプレッシングに出ていける選手を起用するという戦術的な意図もあった。その狙いは的中し、先制点や2点目は相手のクリアやパスをジュニーニョがカットしたところから生まれている。守備がはまって、そこから生まれたチャンスを決めたことが大勝につながっており、フル出場した重廣もそこに貢献していた。
 
ただ、試合後は満面の笑みではなかった。

「前半の攻撃のとき、もっと相手の間で受けたり、そこでターンしたかった。意識はしていたけれど、なかなか起点に慣れなかった」。それでもゴール前で何度かチャンスを迎えたが「『結果を残さなきゃ!』と思いすぎて、外しちゃいました」と苦笑いを浮かべている。「いつもそうなんです。『重廣、惜しい!』ということが、スタメンから外される前の数試合でもあった。僕自身、決定力が今の最重要課題だと思っているし、そこが(東京V戦でも)随所に出てしまった」と振り返っている。

中盤の選手の特徴を現す言葉に「ボックス トゥ ボックス(box to box)」というものがある。ボックスとはペナルティーボックスのことで、自陣のボックスから敵陣のボックスまでの広範囲で仕事ができることを意味する。重廣は豊富な運動量を生かして守備から攻撃まで、様々な局面に顔を出せる選手だ。昨季は大卒ルーキーとして32試合に出場。今季も開幕スタメンを飾り、前半戦は定位置を確保していた。

ただ、ここ最近はリザーブとしてキックオフを迎えている。中田監督は重廣のパフォーマンスに一定の評価は与えつつも「彼自身がどこを目指しているのか」と更なる成長を促している。それは重廣自身も自覚するゴールやアシストという、目に見える数字だ。広範囲に動いて攻守両面に絡めることに満足するのではなく、攻撃面で絡んだ際に決定的な仕事もできる存在へと成長できれば、個人としてもチームとしても、より高いレベルへ挑む扉が開けるはずだ。

重廣は「僕が試合に出ていない間、(福岡)慎平だったり(金久保)順くんだったりが結果を残しているのは、すごく刺激になっています」とライバルたちの活躍について話している。今節の対戦相手は栃木。守備に軸足を置いてくる可能性が高いチームに対して、どういったゲームプランで挑むのか、その為に誰をどこで起用するのか。それによって重廣の起用法も変わってくるだろう。与えられられる時間の長さはわからないが、持ち味を発揮しつつ、チャンスも生かすことで定位置奪還を目指す。

文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第27節
8月10日(土)19:00KO たけびし
京都サンガF.C. vs 栃木SC
たけびしスタジアム京都(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (2.7)

移籍情報