【湘南 vs 鳥栖】勝つために準備したい――山﨑凌吾

2019年8月16日(金)


古巣との対戦には自然と特別な想いが去来する。週末の鳥栖戦を控え、「楽しみです」山﨑凌吾(写真)は口にした。
「知っている選手も多いし、プロのキャリアをスタートさせたチームなので、いつも以上に気合いが入ると思います」

前半戦を5連敗で締め括った湘南だが、後半戦に入り、4勝1敗と白星を重ねている。この5試合すべてに複数得点を記している点も見逃せない。シュート数も前々節鹿島戦が18本、前節磐田戦が14本と、2試合とはいえ、Jヴィレッジでミニキャンプを張って以降コンスタントにリーグ平均を上回っている。

攻撃の感触を山﨑はこう語る。
「福島キャンプがすべてではないですけど、遠くを見ることや一人ひとりの準備など、いままで足りていなかったことを再確認したことで、ボールがスムーズに動くようになった。それがフィニッシュまで繋がり、毎試合複数得点を挙げることができている」

そして山﨑自身もまた、ここ4試合で3得点と当たっている。
「周りにサポートされながらいい試合ができていると思います。とくにここ数試合は、野田(隆之介)選手が入り、べつの起点ができることによって、僕自身ゴール前でプレーできる回数が増えている。前半戦はチャンスがありながらだいぶ外したので、これをコンスタントに続けられるようにしたい」

クラブにまつわる一連の報道を受け、曺貴裁監督は現在指導を控えている。試合の指揮も執らない。だが、これまでとは異質な環境のなかでも、選手スタッフはピッチに集中している。

なお今節は、引退を表明している元スペイン代表フェルナンド トーレスのアウェイでのラストゲームでもある。その意味でも注目が集まることが予想されるが、「いえ、僕たちは勝つために準備したいと思います」山﨑はきっぱり言った。喧騒を拭い去るストライカーの一閃に期待したい。

文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 第23節
8月17日(土)19:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs サガン鳥栖
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報