【新潟 vs 金沢】帰ってきた舞行龍ジェームズが新潟に根付かせたいもの

2019年8月23日(金)


完全移籍で2年半ぶりにアルビレックス新潟に復帰したDF舞行龍ジェームズ(写真)は、川崎フロンターレ仕込みのパスワークをチームに注入しようと、すでにアクションを起こしている。チーム合流から5日後の前節・ファジアーノ岡山戦は、センターバックとして先発。途中から右サイドバックに回ったが、足がつって75分に交代した。

試合は0-3と完敗。舞行龍自身、周囲と合わせる時間がほとんどない中、それでも要所で鋭いグラウンダーのミドルパスを前線に通し、攻勢に転じるきっかけを探り続けた。

イメージのわずかなズレを修正したいと意欲を見せるのが、22分、1トップのレオナルドに出した浮き球のパス。背後にタイミングよく抜け出したチーム得点王の、さらに前のスペースに送られたボールは、出てきたGKに処理された。

「レオはトラップがすごくうまい。だから強めのパスでもレオに合わせることができれば、チャンスになると思う」

この場面が典型的で、川崎Fで学んだパスを新潟でも生かすつもりだ。

「フロンターレでは、誰もいないスペースにパスすることはなかった。もちろん裏に蹴ることもあったけど、それは走った選手にぴったり合わせるパス。僕も最初、それにすごく苦労した」

川崎Fに移籍直後には、右ひざのけがもあった。だが、ひとたび会得すると、受けた選手が一瞬で入れ替われるパスが、どれだけ効果的か理解できた。

「すぐにはできない。だけど新潟に戻ってきて、練習で“こうだよ”というのを伝えています。チームには若い選手も多いし、積極的に教えることができれば」

ツエーゲン金沢戦で入るのは、センターバックか、右サイドバックか。いずれにせよ、その配球力はチームの重要な攻め手となる。そのパスは、チームが変わる方向性を示してもいる。

文:大中祐二(新潟担当)


明治安田生命J2リーグ 第29節
8月24日(土)19:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs ツエーゲン金沢
デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (4.2)

移籍情報