【愛媛 vs 徳島】プロ18年目の岡本昌弘が挑む次世代GKのスタンダード

2019年9月7日(土)


愛媛のゴールマウスは今季も岡本昌弘(写真)が守る。それだけではない。絶対的守護神の存在は昨季にも増して大きなモノとなっているに違いない。
今季は川井健太監督体制2年目。『ボールを大切にする』というコンセプトのもと、チームが体現するサッカーをより進化させているが、そんな中でプロ18年目の岡本も刺激あるシーズンを送っているようだ。

後方での巧みなボール回しからスムーズなビルドアップにつなげる一連の動作は今季愛媛のストロングポイントのひとつ。しかし、後方でのボール回しに加わるのは最終ラインの3バックだけにあらず。圧力をかけてくる相手に対し、より優位性を保つべく“11人目のフィールドプレーヤー”として岡本がそこに加わるのだ。
「GKって味方にボールを渡して、あとはお願いしますって感じですけど、いまは相手をどう崩すかというところまで考えてやっている」

今季の愛媛は最終ラインを高く設定しているということもあり、岡本のポジション取りは一般的なGKとは大きく異なり、陣取る位置はかなり高い。当然そこにはリスクも伴うが、「それでもチームにとってはプラスの部分があると感じている」と一切迷いはない。
そのプレーぶりはほぼフィールドプレーヤーだが、岡本にはこれまでの長いGKキャリアがあった分、この試みを体現するのは簡単なことではない。
「いままでは後ろを基準にしてポジションが取れていたので守備がしやすかったけど、いまはビルドアップに関わる分、ポジションがかなり高くなる。その上、ラインも高く設定しているから福岡戦のようにカウンターを受けやすい。そこで裏の処理をするか、ポジションを下げてシュート対応をするか、やるタスクが増えて、それを動きながら判断しなきゃいけないのが大変」

それでも岡本はこの挑戦に「もう幸せですよ」と笑顔を見せる。
「これを知っていると知らないでは引き出しの違いも出てくる。今後のGKはこういうふうになっていくのかな、という形が少しずつ見えてきた」
もうGKは守るだけが仕事じゃない。岡本はその次世代GKのスタンダードに挑戦しているところだ。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第31節
9月8日(日)19:00KO ニンスタ
愛媛FC vs 徳島ヴォルティス
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報