【明治安田J2 第31節】新戦力、ジャイルトン パライバが全4得点に絡んだ東京Vが大勝!快勝の水戸は3位浮上

2019年9月8日(日)

東京V 4-0 山口|味の素フィールド西が丘


東京Vは新戦力のジャイルトン パライバ(写真)がJリーグ初出場で先制点を含む2ゴールを奪取。さらに1アシストに加え、PK奪取と全得点に絡む大活躍で、今季最多得点の大勝を収めました。

水戸 3-1 金沢|ケーズデンキスタジアム水戸


1-1で迎えた59分、ンドカ ボニフェイス(写真)が勝ち越しヘッドを決めた水戸は、80分に浅野雄也が貴重なダメ押し点。久々の連勝を果たし、3位に順位を上げました。

岡山 3-0 京都|シティライトスタジアム


岡山は、22分に仲間隼斗(#19)の2試合ゴールで先制すると、その6分後に山本大貴が追加点。試合終了間際にも中野誠也(#7)がゴールを奪う完勝でホーム連勝を飾りました。

愛媛 0-1 徳島|ニンジニアスタジアム


徳島は74分に野村直輝(写真右)が鋭い一撃をゴール右隅に決めて先制。これが貴重な決勝点となり、今季2度目の4連勝を果たしました。失点前の決定機をものにできなかった愛媛は、2連敗となりました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

移籍情報