【秋田 vs 讃岐】久富賢、サッカーができる喜びを胸に「チームの勝利のために走り続ける」

2019年9月14日(土)


前節のアウェイ鳥取戦で、今季初ゴールを挙げた久富賢(写真)。これは彼にとって昨シーズン第30節、ホームでのセレッソ大阪U23戦以来のゴールとなった。

常に結果にこだわってきた選手だけに、嬉しくないはずはない。あえてその心境を聞くと「決められてよかったです。ただその前に、クロスに合わせたシュートがGK真正面に行っちゃっているので」という。たしかに夛田凌輔の左クロスに飛び込んだ場面では、中村亮太がDF2人を引き付けて久富はフリーの状態だった。この反省が次へのモチベーションになるのだろう。

さらに前節は、久富の代名詞でもある鋭いプレスも相手に脅威を与えた。「自分がDFだったとして、相手が全力でプレッシャーを掛けにきたら、余裕の有無が全然違うと思うんですよ」と久富が話すように、彼のプレッシャーを受けて相手が苦しい状態でパスを出し、その受け手に秋田の選手が体を寄せてボールを奪う連動が何度も見られた。

チーム4点目の藤山智史のすばらしいミドルシュートも、久富のプレスが相手のクリアミスを誘い、そのこぼれ球をピッチ中央の藤山が拾った形だった。

藤山のゴールは前半アディショナルタイムで、久富のゴールはその数分前。それでも久富は走った。「無駄走りじゃないですけど、前に行こうと体が動いてました」と久富。この言葉だけを聞くと直感的にも思えるが、決してそうではない。久富はプレスにおいて「行くか行かないかの判断」が重要だと指摘する。「あの場面で迷いがあったらプレスに行けていなかったかもしれない。それでカウンターを浴びて失点していたかもしれない。プレスも全部行けばいいのではなく、考えながら、周囲を見ながらやらないと」という。周囲の状況を見て、判断して、動き出す。その一連の流れをどれだけのスピードと精度でできるかが重要なのだろう。

ここ2試合はスタメンに名を連ねているが、久富にとって今季は苦しいものだった。第3節の後に戦線を離脱。自身が「長いケガは初めて」という負傷は、回復まで約半年を要した。

「自分がサッカーできないのに、練習を見ていてもつまらない。みんな楽しそうにサッカーやっていて、それを見てたらサッカーをしたくなる。正直、練習に行きたくなかったですね」と別メニューの日々を振り返る。

ついに第18節のホーム岩手戦で復帰を果たし、中村の逆転弾をアシストした。「待っててくれるサポーターもいたので、それに応えるというか。走るところを見せられて、アシストもできて本当によかった。あのときは嬉しかったです。半年プレーしてなかった分、チームの役に立ってやろうと。いまやっとここ(今季初ゴール)に来ました」

プレーする喜びを感じる一方で、課題も認識する。鳥取戦では前半で4点を取ったが、そのゴールはすべてセカンドボールを押し込んだものだった。その4点を評価した上で、いまは「ゴールに直結する力」を積み重ねている。後半、鳥取に押し込まれたことについても「後半落ちてしまうのは自分たちに足りないところ。相手もそれを見て、後半にスイッチを入れてくるかもしれない」と危機感を抱き、チーム全体で対策をする。

今節は讃岐との対戦。勝ち続けなければならない秋田において、久富のプレスは必要不可欠だ。「讃岐はJ2でバリバリやっていた選手が多くて、個のレベルが高い。1人がプレスをはがされても、みんなでカバーし合っていきたいですね」と力を込め、試合に臨む。

文:竹内松裕(秋田担当)


明治安田生命J3リーグ 第23節
9月15日(日)16:00KO ソユスタ
ブラウブリッツ秋田 vs カマタマーレ讃岐
ソユースタジアム(ブラウブリッツ秋田)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.3)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.1)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報