【川崎F vs 神戸】守田英正が見据える右サイドバックでの役割

2019年9月27日(金)


守田英正が神戸戦に向け準備を進めている。ポジションは右サイドバック。強力な神戸のサイドプレーヤーに対抗するためだろうと考えたが、守田の答えは違っていた。

「自分がサイドバックに入るというのは多分、ボールを握るというところで先手を取りたいというのがあったからだと思う」

もちろん「だからといって守備をおろそかにするわけじゃないですが」としつつ「まずはビルドアップの安定化というか、後ろがしっかり安定してつなげてたりすれば」十分に付け入る隙きを作れるはずだと指摘する。

もちろん点を取るには、相手からボールを奪わなければならない。そのための守備の連動性は大事だと試合を見据えていた。

「連動してチームで奪うということが大事になってくると思うので。個々でバランス崩してまで奪いに行くというよりは、行く時は行く、行かない時は行かないというメリハリがすごく大事なので」

そんな、サイドバックとしての守田について新井章太に聞いたところ開口一番「めちゃいいですよ」と絶賛。

「考えながらやってるし、あいつ、ボランチだったらここにいてほしいなというポジションでやってますって言ってたし」

つまり守田自身がボランチで出場してきた経験を踏まえ、サイドバックとしていてほしいポジションを取るよう、考えながらプレーしているとのこと。

さらに新井は「能力も高いし、対人とかも強いし。体力もあるので。すごい助かりますよ」と畳み掛けた。

冒頭にも書いた通り、守田自身、自らのサイドバックでの出場については、ボールを握るためのものだと理解している。この点について新井は「ボールを持つにはサイドバックのビルドアップは結構大事で、位置取りとかも変わってくるし、そういう気が利くプレーができる選手ですからね。ノボリにしても、守田にしても。だからそれは結構助かります」と解説している。

神戸は10日前に天皇杯で対戦し敗退した相手。AFCチャンピオンズリーグに続く2つ目のタイトルを落とした川崎Fにとって、リーグ三連覇も険しい道のりとなっている。だからこそ、リベンジすることで上位陣に食らいつきたい。これ以上一つも落とせない状況にあるが、だからこそ強気で攻め勝つのだという鬼木達監督の強い信念が、守田のサイドバック起用から見えてくる。

ちなみに守田は、マッチアップが予想される酒井高徳について「あまり嫌じゃないタイプなので、ぼくは抑えられると思います」と強気だった。この試合の行方を左右するポイントの一つとして注目したい。

文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第27節
9月28日(土)17:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs ヴィッセル神戸
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集