【秋田 vs YS横浜】新ポジションのボランチで攻守に貢献を誓う和田昌士。「試合を支配する力を身につけたい」

2019年9月28日(土)


前節の讃岐戦。秋田が2-0でリードして迎えた53分、和田昌士(写真)の第6節以来となるゴールが決まった。

ボールを回す讃岐に対して和田がプレッシャーをかける。それが相手のパスミスにつながり、秋田がカウンターを展開。和田は攻め上がって右サイドに流れボールを受けると、対面する選手をドリブルで交わしてフリーになり、中央の状況を見てから左足を振り抜いた。強烈なミドルシュートは相手GKのキャッチミスを誘い、そのままゴールに吸い込まれた。

「クロスを上げようとして見たら、中が間に合っていなかった。奪いにきた相手を交わしたときに、自分がフリーだったので打とうと。あとは考えずに左足を振り抜きました。真正面に行っちゃったんですけど、GKのファンブルが生まれた。ああいう形でも1点取れたのはよかった。左足(でのゴール)はプロになってから初めてかもしれないですね」と和田は約5ヶ月ぶりの得点を喜んだ。試合の流れを見ても、讃岐が2点差を跳ね返そうと前に出ていた状況で、相手の勢いを削ぐ追加点になったことは間違いない。

振り返ると、第13節の熊本戦や第17節の鳥取戦などで、和田のシュートはクロスバーやポストにことごとく阻まれていた。第14節の八戸戦ではPKを外していた。「1点取れてホッとした思いはあります。次もチャンスがあれば狙っていきたいですね」と話す。

この和田のゴールには、もうひとつの側面がある。それは和田がボランチとしてプレーして挙げた初得点であることだ。

和田は中断期間明けの第21節の沼津戦でダブルボランチの1人として先発出場し、讃岐戦が3試合目となっていた。それまではシャドーやサイドハーフなどゴールに近いポジションで起用が続いていたが、7月頃から練習でボランチに入る場面も見られた。

和田はこのコンバートについて、間瀬秀一監督と話し合ったという。「シュウさん(間瀬監督)と一度しっかり話す機会があって、自分の意見と監督の意見を合わせました。そこでボランチとして成長してほしいと言われました」

昨季、所属元の横浜FMでアンカーを務めた経験もあり、ピッチ中央でのプレーは初めてではない。しかし1枚でバランスを取るアンカーとダブルボランチでは、ピッチ上の位置は似ていても枚数も役割も異なる。

和田は「アンカーではなかなか前に出ていけないんですけど、ダブルボランチはタイミングを見てゴール前に行ったり、高い位置でボールに絡むこともできる。そこで自分の良さも生きると思います」とポジティブに受け止め、さらに「ボランチはボールに触る機会が増えるし、前を向いてボールを受けられる。前にいるとどうしても背負ってボールを受けたり、なかなかボールが入ってこないこともある。ボールに触ってこそ自分の良さが出ると思うし、その意味では楽しくやれています」と続けた。

こうした言葉からも、和田のボールを扱う技術や攻撃力をボランチで活かそうという狙いが読み取れる。そしてそれがゴールに結びついたのが讃岐戦だった。

和田はここ3試合、藤山智史とダブルボランチを形成した。沼津戦と前節の鳥取戦では藤山が前線に飛び出す機会が多かったが、讃岐戦では和田が積極性を見せた。

「どちらかが前線に行ったらどちらかが下がる。あるいはしっかり戻る。2人が残ったり、あるいは出ていったり、そういうことをしないように、フジとうまくコミュニケーションを取りながらできています。まだまだ足りないところだらけですけど、日に日にちょっとずつ良くなっている実感はあります」という。

ボランチはピッチの中央で攻守に関わるだけに、全体に向けた発信力も求められる。「自分が動いたり、周りを動かしたり。前よりは自分の意図や要求を伝えられるようになっています」と和田。この声掛けの部分ではDF陣もボランチを終始サポートしており、「本当にやりやすくプレーできています」とチーム力の高まりについても触れる。

秋田は今節、2連勝中のYS横浜と対戦する。和田はYS横浜について「距離感が近く、攻撃はすごく勢いがあり、選手がどんどん前に湧き出てくる。ボランチとしてしっかり守備をして真ん中を空けないようにして、そこからいい攻撃につなげたいと思います」と力を込めた。

「ボランチの役割のなかで、攻守でチームの約束をしっかりこなしながら、ゲームを支配できるような力をもっとつけていきたい」と和田。22歳の若きMFは着実に成長を遂げて、より大きな力をチームにもたらそうとしている。

文:竹内松裕(秋田担当)


明治安田生命J3リーグ 第24節
9月29日(日)15:00KO ソユスタ
ブラウブリッツ秋田 vs Y.S.C.C.横浜
ソユースタジアム(ブラウブリッツ秋田)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.3)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.1)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報