【京都 vs 愛媛】雌伏のときを経て、牟田雄祐が見せる現在地

2019年10月5日(土)


ようやく訪れたチャンスだった。前節・鹿児島戦は、DF牟田雄祐(写真)にとってリーグ戦における今季初出場だった。昨年は残留争いに巻き込まれたチームにおいて、最終ラインの一角として奮闘。今季も主軸として期待されていたが、蓋を開けてみればスタメンどころかリザーブにも入れない日々が待ち構えていた。ターンオーバーで挑んだ7月の天皇杯2回戦・水戸戦では先発するも途中交代。状況を変えることは出来なかった。

今季の躍進の理由であるチームスタイルの転換が、彼にとっては試練となった。対人守備や空中戦など守備面においてはポジションを争うライバルたちに引けを取らない、むしろ上回っている部分もあるのだが、一方でビルドアップやドリブルの持ち上がりといった"最終ラインからの攻撃構築"については、これまで所属してきたチームでそこまで求められていなかった。監督や戦術が変われば、選手に求められる要素も変わってくるのがサッカーの常だ。そこに適応できるか、もしくはそれを凌駕するだけのものを見せられるかどうかが、熾烈なポジション争いを制する道となる。

センターバックの役割の変化については「まず、ポジショニングが去年とは大きく違う。それにボールを持った時に見るところも変わってきます。頭に入れる情報量も多くて、試合中は常に頭を働かせないといけません」と説明する。牟田にとっては新たなチャレンジ。それも公式戦に出られないという精神的に辛い状況下だったが、腐ることはなかった。それは「この年でも成長できている、と実感できているから。考えながらプレーして、上手くいったり、いかなかったりして、そこから自分と向き合って…それを積み重ねてきたという自信はある」からだ。春先に比べてポゼッションは徐々に向上しているし、練習時にコーチングスタッフから牟田へ出される指示の内容もレベルが高いものへと変わっている。あとは、それを試合でどう表現するかだ。

今節の相手となる愛媛については「うちと同じくボールを回そうとしてくるチームだけど、ホームゲームなので主導権は握れるようにしたい。ただ、相手も上手いし、他のチームと同様に個の能力を持った選手もいる。センターバックとして攻撃面での関わりは大事だけれど、DFとしてまずは守備面が大切になってくるし、チームメイトと常にコミュニケーションを取りながら戦いたいです」と話している。

さらに「前節は新しいフォーメーションで戦ったけれど、実際に試合でやってみないとわからないこともある。その中でもゲーム中に話しながら対応できたことろはあるし、今回は相手のフォーメーションも違いますが、しっかり対応していきたいですね」とポイントを語っている。

最後に、こんな話もしてくれた。「まだ誰が試合に出るかわからないし、レギュラーをつかんだなんて思っていない。僕は毎試合…いや毎練習ごとにやるだけ。一日一日を大切にして、その延長線として試合で結果を出せるようにやっていきたいです」

先月22日で29歳となった。サッカー選手として、一人の男として、様々なことを経験してきて今がある。苦難の時期も必死に前を向いて、やるべきことを見失わずに取り組んできた成果を出す舞台が、ようやく訪れた。昇格争い真っ只中で迎えたシーズン終盤で存在感を高めることで、牟田雄祐は未来を切り開く。

文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第35節
10月6日(日)14:00KO たけびし
京都サンガF.C. vs 愛媛FC
たけびしスタジアム京都(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (2.7)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報