【ルヴァンカップ 決勝】逆転に次ぐ逆転!歴史的激闘の末、川崎FがPK戦を制して初優勝! 

2019年10月26日(土)

札幌 3-3(PK4-5) 川崎F|埼玉スタジアム2002


試合の均衡が破られたのは、序盤の10分。右サイドの白井康介からの折り返しを菅大輝(写真)がボレーシュート。鋭い一撃がゴール左隅に決まって札幌が先制!


1点を追う川崎Fは、19分のレアンドロ ダミアンに続き、44分に脇坂泰斗のヘディングシュートがポストに嫌われたものの、45+3分に脇坂の左CKから阿部浩之(写真中央)が押し込んで、前半終了間際に試合を振り出しに戻しました。


1-1で迎えた88分、川崎Fは大島僚太からのパスを受けた交代出場の小林悠(写真)が冷静に決めて逆転に成功!


逆転を許した札幌は90+5分、福森晃斗の右CKから深井一希(写真)が起死回生の同点ヘッド!ラストプレーで追い付き、勝負の行方は延長戦へと持ち込まれました。


延長前半の96分、チャナティップへのファウルで谷口彰悟が退場処分を受け、川崎Fは10人で戦いを強いられることに。そして、古巣対戦となる福森晃斗(写真)が、このFKを正確無比な一撃でゴール左隅へと直接決め、札幌が勝ち越しに成功!


延長後半の109分、川崎Fは数的不利の中、中村憲剛の左CKの流れからファーサイドの山村和也がボレーシュート。このコース上にいた小林(写真)が押し込んで、再び川崎Fが3-3の同点に追い付きました。


延長戦でも決着はつかずPK戦に突入。決めれば札幌の優勝が決まる5人目の石川直樹のシュートは、川崎FのGK新井章太が見事にストップ。さらに新井は6人目の進藤亮佑のシュート(写真)も阻止して熱戦に終止符。


逆転に次ぐ逆転という歴史的な激闘の末、川崎Fが今大会初優勝を飾りました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報