【鹿児島 vs 岡山】無失点での勝利を!―“鹿児島”の守護神アン ジュンス

2019年11月1日(金)


ルカオのアディショナルタイム劇的ゴールでの勝利で幕を閉じた前節岐阜戦。まだ感動が冷めやらぬ中、タイトなスケジュールで鹿児島は次の戦いを迎える。

全員で勝ち取った勝利だった。J2残留争いの試合だっただけに前半からお互い譲らない展開。サポーターも祈るような気持だっただろう。その岐阜戦で神がかった好セーブを何度も見せ、チームを無失点での勝利に導いたのが鹿児島の守護神アン ジュンスだ。彼の活躍無しではこの勝利は成しえていないだろう。

「2年前の自分とは全く違う」昨シーズンから期限付き移籍で鹿児島に加入したアンジュンスは、鹿児島2シーズン目の今季、自分自身の成長を感じていた。スピードやパワーだけでなく、今シーズンの経験を通してメンタル面も大きく変化したのだ。

守護神として鹿児島のゴールマウスを守る中で、苦しんだ時期もあった。
自らのミスで失点し、1-5で敗れたアウェイ横浜FC戦でのことをアンは悔やんでいた。「あのゴールキックでのミスがなかったら勝っていたのかなと、ずっと思いながら過ごしていた」という。ピッチで空を仰ぎ悔しがっていたアンの姿が脳裏に焼きついて離れない。
しかし「あの時期があったから、今に繋がっていると思います」と振り返った。鹿児島は前節岐阜戦も無失点で試合を終えている。ここ数試合、失点が少ないことは、偶然ではない。守備面を大切にしながら鹿児島らしさ=攻撃につなげる今のスタイルを確立しつつあるのだ。

「もしJ2残留できなかったら、一生後悔すると思います。“レンタルの立場だから降格しても・・・”とは絶対に思わない」―そう。“鹿児島”の守護神としてのプライドを持って彼は戦っている。

「残り全ての試合、無失点でおさえたいです」アンの守護神としての責任感を感じた。今節岡山戦も、我らの守護神を信じよう。そして勝利を!

文:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J2リーグ 第39節
11月2日(土)15:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs ファジアーノ岡山
白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.8)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報