【福岡 vs 東京V】忘れられない想いを胸に刻んでピッチに立つ加藤大。味わった悔しさは勝利することでしか晴らせない。

2019年11月1日(金)


「この悔しさというのは絶対に次の試合につなげなければいけない」
柏戦終了後、加藤大は記者からの質問に対して絞り出すようにして言葉を並べた。悔しさ、情けなさ、チームとして戦えない現状、様々な気持ちが入り混じった表情が印象的だった。そして、このままでは終われないという強い想いも伝わってきた。

今シーズン、新潟でキャプテンを任されながらチームの態勢が変わったことで出場機会を失い、不完全燃焼の中で福岡への期限付き移籍を決断。さらに自分を成長させ、苦しい状況にある福岡の力になれるようにと決意していた加藤にとって、柏戦での敗戦は特に受け入れられないものだったろう。チームに新しい誰かが加わったことで様変わりするほど簡単ではないことは分かっている。しかし、何もすることができずに敗れた柏戦は受け入れがたいものだったことは間違いない。

だからこそ「絶対に忘れてはいけない」とも話す。
もちろん、J2残留争いに生き残るためには敗戦のショックを引きずっている時間はない。しかし、自分たちの置かれている状況と正面から向き合わなければ何も解決はしない。気持ちを整理して次の試合に向けて切り替えることは必要だ。けれど、言いようのない悔しさ、情けなさを胸に刻んで、その気持ちを試合にぶつけなければ次に向けての一歩を踏み出すことはできない。

そして迎える東京V戦。加藤は胸に抱く想いのすべてをピッチにぶつける。
「東京Vは、相手の隙やちょっとしたずれを小気味よいパス回しで大きなずれにして、そこを突いてくるイメージがある。ゴールを奪われない守備の精度を上げていきたいし、一発背後もあるチームでもあるので、そこも常に警戒してやっていきたい」

そのために、福岡は自分たちのやるべきことを改めて再確認し徹底してきた。まずは守備ブロックをセットして相手の侵入を許さないこと。相手を引き込んで前向きの姿勢でボールを奪うこと。そして「守」から「攻」に素早く切り替えて前へのパワーを発揮すること。自分たちが取り組んできたことをピッチで表現することで勝点3を取りに行く。

「やろうとしていることに自分たちでどんどんチャレンジしていく中で、一つひとつのパス、トラップ、ポジショニング、精度、そうしたことをそれぞれの選手が突き詰めていくことが必要。そして、上手くいっていない時こそ、もっともっとチーム全体で声を出して意思統一をしていかないといけない」
その中心に自分がいることは誰よりも分かっている。

東京V戦は、栃木、岐阜の試合結果によっては勝てばJ2残留が決まる試合。そして、戦いの場所は、福岡の勝利を願うサポーターが集うレベルファイブスタジアム。悔しさをぶつける加藤のプレーがチームを勝利に導くことを誰もが待っている。


文:中倉一志(福岡担当)


明治安田生命J2リーグ 第39節
11月2日(土)13:00KO レベスタ
アビスパ福岡 vs 東京ヴェルディ
レベルファイブスタジアム(アビスパ福岡)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (4.3)
イベント充実 (3.6)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報