【YS横浜 vs 沼津】力強く一歩一歩進むYS横浜、歴史を塗り替える瞬間まで“1”

2019年11月3日(日)


晩年最下位と揶揄されることもあったYS横浜。J3加盟後はなかなか勝利を味わうことができず見ている側とすれば負けることに少し慣れてしまう部分もあった。だが、徐々に自分たちのボールを保持しながら相手を崩していくスタイルを確立。そして昨季は15位フィニッシュも一時は上位に立つこともありリーグを盛り上げ、「YS横浜のサッカーは面白い」とサッカーファンに言わしめることができたことは胸を張っていいだろう。

そんな年々と期待が膨らんでいく戦いぶりを見せていたが、今季は主力選手が次々と他クラブへ移籍し、チームに残留したのはほとんど試合経験のない選手たち。正直厳しいシーズンになることを覚悟していた。だが、進昂平は言う。
 
「選手はぶっちゃけ不安と言われていることになんで?という感じだった。去年の選手に劣っていると思っている選手はいない。俺たちのほうができていたと思っていた。自信を持ってできている」

力強く話すように試合を重ねていくごとに、その杞憂な予想は覆されていく。若き指揮官・シュタルフ 悠紀 リヒャルトの空間を巧みに活用しながらボールを動かす戦術でYS横浜は躍動していった。特にトップ下に配備される奥田晃也が圧巻の推進力やスピードに乗ると簡単には止められない河野諒祐の突破力でチャンスを構築して進、浅川隼人の強烈な2トップが21得点を奪った破壊力はリーグ屈指。この結果が表しているように、もうYS横浜は弱いチームではない。力強く一歩一歩前に進んで成長を続けてJ3加盟後最多勝利数、最多ゴール、最多クリーンシートまで、あと『1』と目前に迫る躍進を見せている。

「残り試合で自分たちの人生や、チームの歴史を変えることが出来るチャンス」(西山峻太)

YS横浜が今節で歴史を塗り替える――。その準備はできている。

文:髙澤真輝(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第29節
11月4日(月)13:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs アスルクラロ沼津
ニッパツ三ツ沢球技場(Y.S.C.C.横浜)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.9)
アクセス (3.6)
イベント充実 (2.7)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (2.6)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報